演劇

オフィスワンダーランド第35回公演

平成24年度 芸術文化振興基金助成金事業

「日本アニメ(ジャパ二メーション)、夜明け前」

デザイン:チラシイラスト:ひきの真二 / チラシデザイン:市野治美

0 お気に入りチラシにする

演劇

オフィスワンダーランド第35回公演

「日本アニメ(ジャパ二メーション)、夜明け前」

平成24年度 芸術文化振興基金助成金事業

オフィスワンダーランド・演劇集団ワンダーランド

紀伊國屋ホール(東京都)

2012/10/04 (木) ~ 2012/10/07 (日) 公演終了

上演時間:


2012年、「オタク」の聖地と呼ばれる「コミック・マーケット」でのこと。
 売れっ子の漫画家・矢追ピの子と売れないアニメーター・山田与夢が、1962年の「ジェイ・プロ」にタイムスリップする。
 ジェイ・プロは、人気漫画家・木塚修身が経営するアニメの製作プロダクションである。
 木塚は...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2012/10/04 (木) ~ 2012/10/07 (日)
劇場 紀伊國屋ホール
出演 武末志朗、岡本高英、中田寿輝、鈴木佐利、いいづか康彦、荒井章伸、影山翔一、林篤志、倉多七与、高橋亜矢、森沢美優、山幸加奈、中崎美香、櫻井美代子、飯田史代、福原まゆみ
脚本 竹内一郎
演出 竹内一郎
料金(1枚あたり) 3,500円 ~ 4,300円
【発売日】2012/09/04
前売り4000円、当日4300円
★ペア券7500円★学生割引3500円
(★はJ-StageNavi扱いのみ)
サイト

http://www.office-wonderland.com/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明
2012年、「オタク」の聖地と呼ばれる「コミック・マーケット」でのこと。
 売れっ子の漫画家・矢追ピの子と売れないアニメーター・山田与夢が、1962年の「ジェイ・プロ」にタイムスリップする。
 ジェイ・プロは、人気漫画家・木塚修身が経営するアニメの製作プロダクションである。
 木塚は、国産初の30分連続テレビアニメ「鉄腕アトム」を制作すると宣言する。
 木塚は、セル画を極端に減らし、低価格でできるアニメ(リミテッドアニメ)を考案し、やがて世界市場までも視野にいれて、今日の「オタク状況」を創ることになる人物である。
 ジェイ・プロにタイムスリップした山田アトムは、職員の目には木塚修身に見える。
 本物の木塚がいない間は、山田与夢が木塚の「影武者」をやるはめになる。
 山田与夢は、宮崎駿らの「スタジオ・ジブリ」が創るフルアニメ(なめらかに動くアニメでセル画を節約しない)を理想としている。木塚が考案した「リミテッドアニメ」の技法が、日本のアニメーターに低賃金労働をさせる最大の理由だと考えている。
山田与夢は、「ジェイ・プロ」の突き進む低コストアニメ路線を変えたいのだが、歴史を変えることができなくて、結局リミテッドアニメを創ってしまう。
木塚修身が種を巻いた日本アニメ(ジャパニメーション)は、やがて世界中を席巻し、「オタク」を国際語とまで発展させていく。
 2012年に戻った山田与夢は、表現の自由の豊かさに気付き、末端のアニメーターではなく、物語を創る側に回ることを決意する。
その他注意事項 ※開場は開演の30分前。
※当日券販売・受付は開演の1時間前となります。
※開演時間を過ぎますと、ご指定のお席にはお座り頂けない場合がございます。予めご了承ください。
※未就学児は来場不可です。
スタッフ 【美術】大泉七奈子 【舞台監督】小沢真史 【音響】松本昭 【照明】竹井崇 【衣装】イカラシヒロコ 【チラシイラスト】ひきの真二 【カンパニースタッフ】松村穣・松岡優作・齋藤皓允・服部夏月 【制作】哲akiko子 ・浜田和美 【制作協力】J-StageNavi 【主催】オフィスワンダーランド

[情報提供] 2012/07/27 14:02 by 浜田和美

[最終更新] 2012/10/15 22:59 by じべ。

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー1

やまかな

やまかな(0)

出演者です!

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大