KYOTO EXPERIMENT 京都国際舞台芸術祭

京都芸術劇場(京都造形芸術大学) 春秋座(京都府)

2012/10/26 (金) ~ 2012/10/26 (金) 公演終了

上演時間:

『四神記 ―神降る都の物語―』は、歌舞伎、能、狂言、邦楽、日本舞踊などの伝統芸能を一つの舞台上で構成する京都創生座を代表する作品です。3年前の京都での初演公演ではチケットが完売し、再演を望む声が多く寄せられていました。今回、新たな演出を加え改編し、より魅力的な作品へと生まれ変わります。

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2012/10/26 (金) ~ 2012/10/26 (金)
劇場 京都芸術劇場(京都造形芸術大学) 春秋座
出演 片山伸吾(観世流能楽師シテ方)、豊嶋晃嗣(金剛流能楽師シテ方)、市川右近(歌舞伎俳優)、尾上菊之丞(日本舞踊尾上流)、河村和重(観世流能楽師シテ方)、片山峻佑(子方)、茂山正邦(大蔵流狂言師)、茂山茂(大蔵流狂言師)
脚本 平山聡子
演出 前原和比古
料金(1枚あたり) 1,000円 ~ 3,500円
【発売日】2012/08/06
一般      前売 ¥3,000/当日 ¥3,500
ユース・学生  前売 ¥1,500/当日 ¥2,000
小・中・高生  前売 ¥1,000/当日 ¥1,000
※ユースは25歳以下
※全席指定
サイト

http://kyoto-ex.jp/program/soseiza/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 『四神記 ―神降る都の物語―』は、歌舞伎、能、狂言、邦楽、日本舞踊などの伝統芸能を一つの舞台上で構成する京都創生座を代表する作品です。3年前の京都での初演公演ではチケットが完売し、再演を望む声が多く寄せられていました。今回、新たな演出を加え改編し、より魅力的な作品へと生まれ変わります。
その他注意事項
スタッフ 【能楽囃子】 

――笛 左鴻泰弘

――小鼓 曽和尚靖

――大鼓 谷口正壽

――太鼓 前川光範

【長唄】 

――唄 今藤政之祐、今藤小希郎

――三味線 杵屋浩基、今藤敏之

【邦楽囃子】 中村寿慶、藤舎清鷹、望月清三郎、藤舎悦芳

――笛 藤舎華生

【箏】 野田友紀

【三絃】 井口はる菜

【尺八】 岡田道明

【地謡・後見】(観世流) 味方玄、吉浪壽晃、分林道治、田茂井廣道、深野貴彦、宮本茂樹、河村和晃

【地謡・後見】(金剛流) 豊嶋幸洋 他1 名


【演出】 前原和比古

【脚本】 平山聡子

【補綴】 京都創生座プロジェクトチーム

【舞台監督】 大谷みどり(株式会社京都舞台製作所)

【照明デザイン】 宮島靖和(株式会社流)

【宣伝美術】 鈴木大輔(DAISUKE SUZUKI DESIGN)

【主催】 京都市、京都芸術センター

【制作】 京都芸術センター

【制作協力】 KYOTO EXPERIMENT

【助成】 平成24年度文化庁優れた劇場・音楽堂からの創造発信事業

[情報提供] 2012/07/25 19:38 by CoRich案内人

[最終更新] 2012/07/25 19:40 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大