演劇

わらび座

わらび劇場(秋田県)

他劇場あり:

2012/08/27 (月) ~ 2013/01/03 (木) 公演終了

休演日:参照 http://www.warabi.jp/tono/schedule.html#ticket

上演時間:

わらび座61年目の夏、東北に生きるわらび座が、東北に息づく歌と踊りと物語を土台に、勇気とエネルギーの舞踊の舞台をお届けします。大自然に挑む暮らしの中で、心とコミュニティのより所として育んできた東北の民俗芸能と祭、そして昔語り。今回はその代表として「遠野物語」をベースに舞台化致します。

...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2012/08/27 (月) ~ 2013/01/03 (木)
劇場 わらび劇場
出演 椿千代、平野進一、ほか
脚本 栗城宏、安達和平
演出 栗城宏、安達和平
料金(1枚あたり) 4,200円 ~ 2,310円
【発売日】
指定席
[一般/前売り] 3,675円(当日4,200円)、[小中学生/前売り] 2,310円(当日2,625円)
サイト

http://www.warabi.jp/tono/top.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 わらび座61年目の夏、東北に生きるわらび座が、東北に息づく歌と踊りと物語を土台に、勇気とエネルギーの舞踊の舞台をお届けします。大自然に挑む暮らしの中で、心とコミュニティのより所として育んできた東北の民俗芸能と祭、そして昔語り。今回はその代表として「遠野物語」をベースに舞台化致します。

「遠野物語」は、人間はあらゆるものと共存しているという当たり前の事実を突き付けてくると同時に、そんな世界を人々が自らの知恵と想像力で乗り越えてきた証でもあります。山にも里にも人間とは関係なく自由に生き物が暮らし、天変地異が襲い、人間の魂でさえも無事にあの世に行くものもあれば彷徨うものもある。「遠野物語」の人々は予期せぬ事に遭遇するたびに翻弄されます。しかし逞しくどこか大らかに、妖怪や神様の存在を借りながら思い通りにならなかった事も受け入れて、明日に向かってまた歩み出すのです。

わらび座の「遠野物語」は、森羅万象の中で生きるちっぽけな人間達が、知恵と勇気を持って明日に挑み続ける姿をお届け致します。東日本大震災を越えてゆく私達にとって、これらは今まさに強い力を発揮し、魂を奮いたたせてくれるものと確信しています。
その他注意事項
スタッフ 第一部 舞踊詩「遠野物語」 台本・演出/ 栗城 宏

第二部 舞踊集「故郷(ふるさと)」 台本・演出/ 安達 和平

振付/ 鎌田 真由美(第一部)、安達 真理(第二部)
作曲/ 甲斐 正人(第一部)、紫竹 ゆうこ(第二部)
美術/ 土屋 茂昭
照明/ 塚本 悟
衣装/ 樋口 藍 
小道具/ 平野 忍

音楽監督/ 甲斐 正人

[情報提供] 2012/07/25 18:59 by CoRich案内人

[最終更新] 2013/11/11 20:13 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大