舞踊・バレエ

K-BALLET COMPANY Autumn Tour 2012

ドン・キホーテ

Kバレエカンパニー

愛知県芸術劇場 大ホール(愛知県)

他劇場あり:

2012/10/17 (水) ~ 2012/10/17 (水) 公演終了

上演時間:

バレエダンサー熊川哲也の輝かしいキャリアと世界的名声を象徴する金字塔として知られ、熊川版誕生の2004年以降、Kバレエカンパニー極みつきのレパートリーともなった無敵の最高傑作『ドン・キホーテ』が、この秋、5年ぶり待望の上演決定!
当代随一のバジルとして本作の魅力を知り尽くしてきた熊川が、演出...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2012/10/17 (水) ~ 2012/10/17 (水)
劇場 愛知県芸術劇場 大ホール
出演 熊川哲也、荒井祐子、神戸里奈、橋本直樹、佐々部佳代、松岡梨絵、遅沢佑介、白石あゆ美、秋元康臣、宮尾俊太郎、浅川紫織、ほか
演出 熊川哲也
振付 熊川哲也
料金(1枚あたり)
【発売日】
サイト

http://www.tbs.co.jp/kumakawa/performance/201210.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 バレエダンサー熊川哲也の輝かしいキャリアと世界的名声を象徴する金字塔として知られ、熊川版誕生の2004年以降、Kバレエカンパニー極みつきのレパートリーともなった無敵の最高傑作『ドン・キホーテ』が、この秋、5年ぶり待望の上演決定!
当代随一のバジルとして本作の魅力を知り尽くしてきた熊川が、演出家としての比類ない才知を武器に命を吹き込んだこのプロダクションは、かつてない鮮烈な輝きと爆発的なエネルギーに満ちた、まさにまぎれもない究極の名版。上演のたびごとに全国を歓喜と興奮の渦に巻き込んできた。
灼熱のバルセロナを舞台に、キトリとバジルを中心とする街の人々の日常へ夢想家の老騎士ドン・キホーテが乱入することで巻き起こる騒動──
そんなおなじみの物語が熊川流の機知に富んだストーリー展開で新たな光彩を放ち、熱く舞台を駆け抜けていく。
スペインの街の情景を活写した上質な美術の色彩美、型破りな魅力にあふれたキャラクターたちの愛おしくも底知れぬパワー、そして全編に余すところなく織り込まれた粋で華麗な舞踊がもたらす最上の至福──
バレエ界屈指のキャストで贈る世紀の舞台、間もなく!!

〈STORY〉
スペインのラマンチャ地方に人知れず暮らす老紳士がいた。彼の名はドン・キホーテ。中世の騎士道物語に日々読みふけり、彼の頭の中では現実と夢想が入り混じっている。
ある日、キューピッドに先導された美しい女性が彼の前に現れる。「この婦人こそ我が思い姫ドルシネア!」老紳士は農夫のサンチョ・パンサを伴い、姫を探しに冒険の旅に出る。
バルセロナの町の広場は、今日も陽気に賑わっている。旅籠の娘キトリは町一番の人気者。理髪師のバジルとは相思相愛だが、気の強い二人は仲間たちを巻き込み恋の鞘当てを楽しんでいる。
そんな二人の関係を苦々しく思っているのがキトリの父ロレンツォ。彼は金持ちの貴族ガマーシュに娘を嫁がせようと画策しているのだ。ガマーシュもキトリに気があるが、もちろんキトリは相手にしない。
やがて広場で祭りが始まる。そこに現れた騎士姿のドン・キホーテはひと際美しいキトリを見て、彼女こそ夢の中に現れたあの姫君に違いないと思い込む。
一方、祭りが最高潮に達した混沌の中、キトリとバジルは手を取り合って駆け落ちする。二人の恋の逃避行、その結末は!?
その他注意事項
スタッフ 芸術監督:熊川哲也

演出・再振付・舞台美術・衣装:熊川哲也
音楽:レオン・ミンクス 原振付:マリウス・プティパ/アレクサンドル・ゴールスキー 照明:足立恒

[情報提供] 2012/07/22 18:43 by CoRich案内人

[最終更新] 2012/10/09 19:04 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大