舞踊・バレエ

ダンストリエンナーレトーキョー

スパイラルホール(東京都)

2012/10/13 (土) ~ 2012/10/14 (日) 公演終了

上演時間:

舞台上で身体を使って表現をする、という点において、ミュージシャンとダンサーはなんら変わるところはない。向井山朋子はピアニストであるのみならず、インスタレーションや映像作品、そして数多のダンサー達とのコラボレーションを重ねてきた。向井山のピアノは、痛みや官能、様々な位相をもって生命の手触りを描き...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2012/10/13 (土) ~ 2012/10/14 (日)
劇場 スパイラルホール
出演 向井山朋子、Mitchell-leevanRooij
演出 NicoleBeutler
振付 NicoleBeutler
料金(1枚あたり) 2,500円 ~ 4,300円
【発売日】2012/07/27
前売 3,800円(学生 2,500円)
当日 4,300円
全席自由
 
DATTO通し券(30枚限定)30,000円(全公演プログラム各1公演/日時指定・前売のみ)
サイト

http://datto.jp/artist-tomoko-mukaiyama

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 舞台上で身体を使って表現をする、という点において、ミュージシャンとダンサーはなんら変わるところはない。向井山朋子はピアニストであるのみならず、インスタレーションや映像作品、そして数多のダンサー達とのコラボレーションを重ねてきた。向井山のピアノは、痛みや官能、様々な位相をもって生命の手触りを描き出す。振付のボイトラーはミニマルな作品から、マイクの前で歌いまくるソロ作品、人形作家と共演など多彩で、ダンサーのファン・ロイも数々の受賞歴を誇る。新作での化学反応が楽しみである。(乗越たかお/舞踊評論家)
その他注意事項
スタッフ コンセプト:向井山朋子, Nicole Beutler, Jean Kalman
ピアニスト:向井山朋子
演出・振付:Nicole Beutler
共同創作・出演:Mitchell-lee van Rooij
音楽:Galina Ustvolskaya, 向井山朋子(based on Robert Schumann’s Six Studies Op.56)
照明デザイン・美術:Jean Kalman
衣装:Yohji Yamamoto, Karen Bergeon
テクニカルコーディネーター:Paul Schimmel
照明スタッフ: Grand Theatre Groningen (André Pronk)
リサーチ・アシスタント:Justa ter Haar
制作:Marieke Peters, Josta Obbink
マネジメント:Marieke Peters / TMF and Janine Dijkmeijer / nbprojects

[情報提供] 2012/07/19 22:09 by CoRich案内人

[最終更新] 2012/07/19 22:11 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大