舞踊・バレエ

ダンストリエンナーレ トーキョー 2012

マルティン・ナッハバー『Urheben Aufheben』

ダンストリエンナーレトーキョー

東京ドイツ文化センター(東京都)

2012/10/11 (木) ~ 2012/10/12 (金) 公演終了

上演時間:

日本の暗黒舞踏の成立にも影響を与えたドイツの表現主義舞踊。ドーレ・ホイヤー(1911-67)は、ラバン、ヴィグマン、ヨース等と並んでその時代を代表する舞踊家だ。本作は、ナッハバーが、ホイヤーの代表作の一つ『Affectos Humanos』をいかに再構築しようとしたかを講義し、実演してみせる。...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2012/10/11 (木) ~ 2012/10/12 (金)
劇場 東京ドイツ文化センター
出演 MartinNachbar
演出 MartinNachbar
振付 MartinNachbar、ほか
料金(1枚あたり) 2,500円 ~ 4,300円
【発売日】2012/07/27
前売 3,800円(学生 2,500円)
当日 4,300円
全席自由
 
DATTO通し券(30枚限定)30,000円(全公演プログラム各1公演/日時指定・前売のみ)
サイト

http://datto.jp/artist-martin-nachbar

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 日本の暗黒舞踏の成立にも影響を与えたドイツの表現主義舞踊。ドーレ・ホイヤー(1911-67)は、ラバン、ヴィグマン、ヨース等と並んでその時代を代表する舞踊家だ。本作は、ナッハバーが、ホイヤーの代表作の一つ『Affectos Humanos』をいかに再構築しようとしたかを講義し、実演してみせる。いわば、今の時代を生きる舞踊家が、過去の舞踊家の作品をどう蘇らせることが可能なのかを語るメタダンス(ダンスについてのダンス)である。しかし、そのことを試みればみるほど、それが単純な「過去の再現」という問題ではないことが見えてくる。(石井達朗/舞踊評論家)
その他注意事項
スタッフ コンセプト・出演:Martin Nachbar
振付:Dore Hoyer <Affectos Humanos>, Martin Nachbar
ダンス復元:Waltraud Luley, Martin Nachbar
照明:Wassan Ali
ドラマトゥルグ:Florian Feigl
プロダクションマネージャー:Susanne Beyer
振付助手:Katarina Kleinschmidt

共同製作:Kampnagel Hamburg, sophiensaele Berlin, brut Wien

[情報提供] 2012/07/19 22:04 by CoRich案内人

[最終更新] 2012/07/19 22:05 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大