舞踊・バレエ

小松原庸子スペイン舞踊団

2012真夏の夜のフラメンコ

小松原庸子スペイン舞踊団

日比谷公園大音楽堂(東京都)

2012/07/28 (土) ~ 2012/07/29 (日) 公演終了

上演時間:

1971年より毎年開催して参りました、この「真夏の夜のフラメンコ」、今年42年目を迎えます。40年以上に渡り、続けて参れましたことは、一重にご後援下さる皆様のお陰によるものと、心より感謝致して居ります。誠にありがとうございます。この度は、野外公演で初めてモーリス・ラヴェルの傑作〝ボレロ〟に挑戦...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2012/07/28 (土) ~ 2012/07/29 (日)
劇場 日比谷公園大音楽堂
出演 アントニオ・カナレス(友情出演)、アンドイッツ・ルイバル、ダビ・サンチェス、アントニオ・ブエンディア、箆津弘順、奥濱春彦、秋山泰廣
演出
振付
料金(1枚あたり) 2,500円 ~ 8,000円
【発売日】
S席8,000円
A席7,000円
B席5,000円(ネット価格4,500円)
C席3,000円(ネット価格2,500円)
ペア席5,000円(ネット価格4,500円)
サイト

http://www.komatubara.com/events/2012/fest2012_top.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 1971年より毎年開催して参りました、この「真夏の夜のフラメンコ」、今年42年目を迎えます。40年以上に渡り、続けて参れましたことは、一重にご後援下さる皆様のお陰によるものと、心より感謝致して居ります。誠にありがとうございます。この度は、野外公演で初めてモーリス・ラヴェルの傑作〝ボレロ〟に挑戦する事と致しました。ピアニッシモから徐々にフォルティッシモに至るこの曲は、聴く人の心に次第に力強く響き、勇気を与えます。美しい海が、豊かだった大地が、全てが打ち砕かれてしまう悲しい出来事。一年の時を過ぎても尚、耐え難い日々をお過ごしの被災地の方々の一日も早い復興への願いを込めて、このボレロを選びました。振付には、鬼才アントニオ・カナレスを招き、今までかつてない純フラメンコのボレロにと、力を尽くしています。私達の思いの全てを、情熱的な舞台を、日本を愛してやまないスペインのアーティストとともに、舞踊団が一つとなり、皆様の元気を取り戻す力となるよう願って居ります。ゲストには、アントニオ・カナレスをはじめ、若い振付家に与えるベスト振付賞、舞踊賞等々を受賞し、カルロス・サウラ監督にも絶賛された舞踊手、アンドイッツ・ルイバル、アントニオ・ブエンディア、スペイン国立バレエ団、アントニオ・マルケス舞踊団のスターとして活躍し、現在自身の舞踊団を創立し、各地で好評を博している名手、ダビ・サンチェス等々、多彩なアーティストが来日し、華やかな舞台を繰り広げます。

ご来場の皆様には、きっとご満足頂ける真夏のフェスティバルになるものと存じます。どうぞ宜しくお願い申し上げます。
小松原 庸子
その他注意事項
スタッフ 歌手
ナタリア・マリン     NATALIA MARIN
アギラール・デ・へレス  AGUILAR DE JEREZ

ギタリスト
高橋紀博  NORIHIRO TAKAHASHI
アントニオ・ゴンサレス  ANTONIO GONZALEZ

[情報提供] 2012/07/18 06:58 by CoRich案内人

[最終更新] 2012/07/18 07:00 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大