演劇

ビエンナーレKAZE国際演劇祭2012 起・承・転・結 そして歴史へ

マントゥール劇場 日本初演

プロメテウス エレクトリック・ポエム

0 お気に入りチラシにする

演劇

ビエンナーレKAZE国際演劇祭2012 起・承・転・結 そして歴史へ

プロメテウス エレクトリック・ポエム

マントゥール劇場 日本初演

東京演劇集団風

レパートリーシアターKAZE(東京都)

2012/08/31 (金) ~ 2012/09/02 (日) 公演終了

上演時間:

「炎は馬鹿なことをした。光が創造したものを破壊してしまったんだ。知識と公正を、芸術と人間性という名の調和を―」。
アイスキュロス作『縛られたプロメテウス』をもとにフランスのマントゥール劇場が創作し、今回日本初上演。エレクトリックで粗野な詩の動悸に打たれ、声は数千ものサウンドを持つギターの絃と...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2012/08/31 (金) ~ 2012/09/02 (日)
劇場 レパートリーシアターKAZE
出演 フランソワ・シャファン、バンジャマン・クルシエ
脚本 フランソワ・シャファン
演出 フランソワ・シャファン
料金(1枚あたり) 3,300円 ~ 4,000円
【発売日】2012/06/01
当日4000円 前売3800円 学生3300
年間通しチケット(3枚綴り)10000円
サイト

http://www.kaze-net.org

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 「炎は馬鹿なことをした。光が創造したものを破壊してしまったんだ。知識と公正を、芸術と人間性という名の調和を―」。
アイスキュロス作『縛られたプロメテウス』をもとにフランスのマントゥール劇場が創作し、今回日本初上演。エレクトリックで粗野な詩の動悸に打たれ、声は数千ものサウンドを持つギターの絃と混じり合い、詩的で燃焼する物語、言葉と旋律の拍動をつくり上げていく。神話の中で人類に火を贈ったとされているプロメテウスが、我々の文明の転回点〈転 Turn〉として、人間の本質的な価値観を訴える。
その他注意事項 後援:ドイツ連邦共和国大使館/在日フランス大使館/在日ルーマニア大使館/中野区
スタッフ 音響:ドゥニ・マラール 映像: セリーヌ・リジェ
映像美術:ジュリアン・ドゥファイ 制作:エロディ・クロ
マントゥール劇場 Théâtre du Menteur
演出助手:南雲史成

[情報提供] 2012/07/07 20:33 by なっち

[最終更新] 2012/07/07 20:35 by なっち

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大