演劇

Bunkamura

Bunkamuraシアターコクーン(東京都)

他劇場あり:

2013/01/12 (土) ~ 2013/02/03 (日) 公演終了

上演時間:

ケラリーノ・サンドロヴィッチの新作をBunkamuraシアターコクーンで2カ月連続上演!
2012年12月はKERAが、2013年1月は蜷川幸雄が演出。

北回帰線と南回帰線の狭間にある架空の街に、祖母と二人で暮らす内気な青年。街を牛耳っているのは強欲で好色な市長。彼の三人の娘は、それぞ...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2013/01/12 (土) ~ 2013/02/03 (日)
劇場 Bunkamuraシアターコクーン
出演 森田剛、勝村政信、原田美枝子、染谷将太、中嶋朋子、三宅弘城、大石継太、冨岡弘、渡辺真起子、石井愃一、橋本さとし、三田和代、伊藤蘭、古谷一行、ほか
脚本 ケラリーノ・サンドロヴィッチ
演出 蜷川幸雄
料金(1枚あたり)
【発売日】2012/11/03
【東京公演】S席:¥9,500 A席:¥7,500 コクーンシート:¥5,000(税込)
サイト

http://www.bunkamura.co.jp/cocoon/lineup/13_inorininagawa.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 ケラリーノ・サンドロヴィッチの新作をBunkamuraシアターコクーンで2カ月連続上演!
2012年12月はKERAが、2013年1月は蜷川幸雄が演出。

北回帰線と南回帰線の狭間にある架空の街に、祖母と二人で暮らす内気な青年。街を牛耳っているのは強欲で好色な市長。彼の三人の娘は、それぞれに複雑な事情を抱え、やがて街を揺さぶる大事件に発展する―。 市長の後妻と百歳を越える母親、子供を亡くした使用人夫婦、テロを企てる市民たち、怪しげな教会の司祭、謎の錬金術師と白痴の助手、そしてよその街からやってきた放浪の若者。幾多の登場人物が壮絶に絡み合う一大クロニクル。
その他注意事項
スタッフ 主催:Bunkamura/Quaras

[情報提供] 2012/07/06 15:44 by CoRich案内人

[最終更新] 2014/01/07 22:06 by こりっち管理人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大