演劇

舞台芸術集団 地下空港 第6回公演

絶 望 と 光 2 0 0 6

舞台芸術集団 地下空港

麻布DIE PRATZE(ディ・プラッツ)(東京都)

2006/10/06 (金) ~ 2006/10/09 (月) 公演終了

上演時間:

解説
バブル崩壊後の日本社会に生きる方向自失の状況を捉えた本作は、その後さらに破綻の態を弄する現在の社会に対し、いかなる意味や希望を持ちうるのか。
地下空港の主宰である鬼才・伊藤靖朗が、若干19歳で書き下ろした幻の処女作、2006年の世界を睨み再演!

あらすじ
東京近郊のどこか、深...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2006/10/06 (金) ~ 2006/10/09 (月)
劇場 麻布DIE PRATZE(ディ・プラッツ)
出演 今村洋一、植野翔、加藤千夏、小宮山知子、柴田貴輝、中林舞(小指値)、野村真理、横山大地、他
脚本 伊藤靖朗
演出 伊藤靖朗
料金(1枚あたり) 2,500円 ~ 2,800円
【発売日】2006/09/01
前売り2500円、当日2800円
サイト

http://www.uga-web.com/zetsubou2006/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 解説
バブル崩壊後の日本社会に生きる方向自失の状況を捉えた本作は、その後さらに破綻の態を弄する現在の社会に対し、いかなる意味や希望を持ちうるのか。
地下空港の主宰である鬼才・伊藤靖朗が、若干19歳で書き下ろした幻の処女作、2006年の世界を睨み再演!

あらすじ
東京近郊のどこか、深夜。閑散とした通り沿いのコンビニエンスストア。夜勤バイト達は日曜深夜に届くはずの新商品入荷を待つ。
しかしいつまで経ってもトラックが来ない。
やっと到着したトラックから店内に搬入されたのは、なんと黒衣に身を包んだ「新商品」と呼ばれる人間だった・・・。
地下空港の表現者達が放つ、鮮烈なる日本現代悲喜劇!!
その他注意事項
スタッフ 【演出助手】山本かおり
【舞台監督】大室恵美
【舞台監督補佐】石川真理子
【照明デザイン】鈴木麻仁
【照明操作】emii
【装置デザイン】渡邉雄大
【装置補佐】山崎文子
【小道具】野口都
【音】権頭真由
【音響】村井一帆
【衣装】小池祐子
【衣装補佐】吉川悠子
【衣装補佐】高松太一郎
【ヘアメイク】佐藤暁子
【補佐】大畑はるな
【補佐】大畑なつ
【記録映像】清水敏夫
【記録映像】亀井真
【記録写真】堀井拡嗣
【絵】高倉吉規
【宣伝写真】王丹戈
【宣伝写真】かとうちなつ
【宣伝美術】林美智子
【web制作】齋藤まりこ
【web管理】土屋優樹
【制作】及川真理恵
【制作】松岡真弥
【制作】加藤千夏
【会計】雅 茂雄
【受付】宮本聡

[情報提供] 2007/07/23 22:32 by 伊藤靖朗

[最終更新] 2007/07/23 22:50 by 伊藤靖朗

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー3

aliquis

aliquis(0)

でてた

大地

大地(0)

コンビニの店長・崇徳岳志役でした。

kilyou

kilyou(12)

演出助手でした。 大変でしたが、大好きな作品です。

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大