演劇

リオフェス2012・岸田理生アヴァンギャルドフェスティバル

演劇

リオフェス2012・岸田理生アヴァンギャルドフェスティバル

忘れな草

柴崎正道プロジェクト

こまばアゴラ劇場(東京都)

2012/06/26 (火) ~ 2012/06/29 (金) 公演終了

上演時間:

「私は三人の男を殺した。でもね、生きることも殺すことも、それがたのしいあそびだったら、殺すことの方を選んだからといって、どうしてそれが罪悪なのかしら?」
男達は、幸福の断末魔をあげながら死んでいく!
見世物小屋の一角で紫苑教授は少女瑠々を拾った。瑠々を愛した男達は破滅的な最期をたどり、死を...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2012/06/26 (火) ~ 2012/06/29 (金)
劇場 こまばアゴラ劇場
出演 白川万紗子、高田恵篤、柴崎正道、鶴山欣也、杉山文雄、成田浬、石渡陽子、坂本知子、ほか
脚本 岸田理生
演出 柴崎正道
料金(1枚あたり) 3,000円 ~ 3,500円
【発売日】
前売・予約:3,000円 当日:3,500円
サイト

http://www.komaba-agora.com/line_up/2012/06/RioFes/#a_01

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 「私は三人の男を殺した。でもね、生きることも殺すことも、それがたのしいあそびだったら、殺すことの方を選んだからといって、どうしてそれが罪悪なのかしら?」
男達は、幸福の断末魔をあげながら死んでいく!
見世物小屋の一角で紫苑教授は少女瑠々を拾った。瑠々を愛した男達は破滅的な最期をたどり、死を迎えていく。果たして瑠々が愛を知る時は来るのだろうか…
その他注意事項
スタッフ 構成・演出:柴崎正道

舞台監督:原田拓巳 舞台美術:安部田保彦 照明:石田道彦 映像:松尾邦彦 音楽監修:野澤美香 音響:吉武 奈津子 衣装:ROCCA WORKS 撮影:片岡陽太

[情報提供] 2012/06/22 17:06 by CoRich案内人

[最終更新] 2012/07/09 16:22 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大