演劇

岡部企画プロデュース公演

玄界灘

岡部企画

紀伊國屋ホール(東京都)

2012/06/27 (水) ~ 2012/07/01 (日) 公演終了

上演時間:

舞台は1954(昭和29)年から1956(昭和31)年の西九州、今宿。
すでに原子力の平和利用が叫ばれ始めた年である。西九州今宿の村長選挙は激烈を極めている。
「原子力の平和利用」「企業誘致」をスローガンとする鯨屋の秀一と「今宿を美しいままに」をスローガンとする元庄屋の大淵政吉は今宿の村を...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2012/06/27 (水) ~ 2012/07/01 (日)
劇場 紀伊國屋ホール
出演 今井徳太郎、岡部大吾、小池雄介、五島三四郎、五歩一豊、森田香子、ほか
脚本 岡部耕大
演出 岡部耕大
料金(1枚あたり) 2,500円 ~ 9,600円
【発売日】2012/05/15
[全席指定] 
一般 5,000円 ペアチケット 9,600円 グリーンチケット(18才以下) 2,500円
※ペアチケット、グリーンチケットは劇団扱いのみ
サイト

http://www.kinokuniya.co.jp/label/20120404133500.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 舞台は1954(昭和29)年から1956(昭和31)年の西九州、今宿。
すでに原子力の平和利用が叫ばれ始めた年である。西九州今宿の村長選挙は激烈を極めている。
「原子力の平和利用」「企業誘致」をスローガンとする鯨屋の秀一と「今宿を美しいままに」をスローガンとする元庄屋の大淵政吉は今宿の村を2分して激しく対立していた。
その今宿に映画監督を名乗る内田吐夢と脚本家久保田栄太郎、助監督大林忠彦らの一行が訪れた。「わたしは女海賊になりたい」といっていた伊藤野枝と、神近市子をモデルに今宿で映画を撮る計画だという。「海賊八幡船」も描き、海には百艘もの海賊船を浮かべるのだという。「セットはそのままにして観光地にすればいい」。「無償で提供する」というのである。「その海賊船も今宿で造船し、オープンセットはそのまま観光地にすればいい」という。
題名はずばり『玄界灘』である。
岡部耕大、渾身の書き下ろし
その他注意事項
スタッフ

[情報提供] 2012/06/05 14:17 by CoRich案内人

[最終更新] 2012/06/28 13:02 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大