クライシス百万馬力

デザイン:辻井 宏之(CPU)

0 お気に入りチラシにする

ホチキス

シアタートラム(東京都)

2012/09/13 (木) ~ 2012/09/16 (日) 公演終了

上演時間:

ヨネ話「15周年らしい」
1997年の8月29日に、ホチキスは旗揚げをした。今から15年も前だ。
15周年らしい。
まったく気づかなかった。パンフレットの打ち合わせをしていて、アートディレクターに、コンセプトを出せと言われたが、台本もあがっていないのにコンセプトなんてだせるかと、
なら...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2012/09/13 (木) ~ 2012/09/16 (日)
劇場 シアタートラム
出演 加藤敦、山崎雅志、小玉久仁子、村上直子、山本洋輔、齊藤美和子、齋藤陽介、松本理史、ザンヨウコ、神戸アキコ、小沢道成、飯塚美雪、井場景子、今井夢子、上松みづほ、大野清志、緒川真生、加藤隆浩、川畑舞香、小太刀賢、小寺悠介、坂口アミ、田中正伸、内山拓磨、辻貴大、annie、浜田えり子、藤田未来、宮崎雄真、結、李そじん
脚本 米山和仁
演出 米山和仁
料金(1枚あたり) 2,000円 ~ 4,000円
【発売日】2011/08/04
サイト

http://www.hotchkiss.jp/top.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 ヨネ話「15周年らしい」
1997年の8月29日に、ホチキスは旗揚げをした。今から15年も前だ。
15周年らしい。
まったく気づかなかった。パンフレットの打ち合わせをしていて、アートディレクターに、コンセプトを出せと言われたが、台本もあがっていないのにコンセプトなんてだせるかと、
ならば、なにか勝手に○○記念とかつくってやろうとなり、調べてみたら15周年だった。
15年。
いろんな劇場で、いろんなお芝居をつくった。
岐阜の劇場では、前金の納金とともに契約書を書かなければいけない期限の日、大雪が降り、死ぬ思いで劇場に着いたら、劇場担当者が雪で休んでて、泣きそうになったり、
名古屋のある劇場に契約書を書きに行った時は、痔の手術の経過がおもわしくなく、手術痕(尻の穴)にメスをいれ、傷口を少し開くなんていうよくわからない処置を施された、その足で劇場へ。いすに座れずに、立ったまま契約書を書いたり、
東京のある劇場では契約書をなくしてしまい、けっこう大変なことになったりもした。
契約の話ばかりだが、私は劇場が大好きだ。
最近は3D映画が数を増やしてきて、望んでもいないのに、めがねを買わされ、必死に臨場感と奥行きをアピールする映像を見せられるが、所詮は目の錯覚だ。
目の前で役者が自分のために演技をしてくれる贅沢には到底かなわない。
しかもそこで放たれた音楽は、後ろで音響家さんの人の混信のタイミングで放たれた曲であり、彩る照明は、照明家さんの珠玉のフェーダー上げ下げなわけで。舞台美術の、ペンキでつくりだされた小さな汚しは、つい30分前に美術家さんにつけられた「よごし」だ。
贅沢だ。
劇場で、目の前で繰り広げられる劇空間は、とても贅沢だ。
だから私は芝居が好きで、芝居をつくるのがやめられない。
クライシス百万馬力のキャスト欄の名前の数をみて、多すぎやしないかと思う人もいるかもしれない。しかし、目の前で30人を超える人間が、なまでなにかをしてくれる、とても贅沢ではないか。15周年にふさわしいではないか。ぜひ、この贅沢な劇空間を見に来てほしい。

劇場の話に戻るが、このシアタートラムは、私にとって特別な劇場である。
大学を卒業して上京した私は、劇作家協会が主催する劇作家講習を受講したことがある。
その教室があったのが、シアタートラムがあるキャロットタワーだった。
そして講習の初日、前年度に劇作家協会の新人賞を受賞した作品をリーディングするから、受講生はみな聞きなさいという催しがあり、初めて入ったのがこのシアタートラムであった。
100人以下の小劇場はなんどか入った経験はあるが、200人クラスの劇場は東京では始めてで、どきどきしていた。そしてそこで読まれた戯曲は、非常に官能的な演目で、「ペ○ス」「ヴァ○ナ」「あ~、あ~」の応酬だった。
さすが東京の劇場だ。
私はうちのめされた。
今私は、最高に信頼できる出演者達、そして最強のスタッフ達とこの劇場に挑む。
とりあえず、あの時観たドラマリーディングの演目よりも多く「○○○」って言おう。
さらに、15年後はもっと過激に「○○○」って言ってよう。
ホチキス代表 米山 和仁
その他注意事項
スタッフ 舞台監督:上嶋 倫子
照明:工藤 雅弘(Fantasista?ish)
音響:田島 誠治(Sound Gimmick)
衣装:谷野 留美子 
カバーイラスト:小玉 久仁子 
宣伝美術:辻井 宏之(CPU) 
制作協力:林 みく(karte)

[情報提供] 2012/06/02 17:55 by ホチキス広報部

[最終更新] 2013/02/15 16:09 by ホチキス広報部

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー17

結

(0)

結です、ハードにボイルドします、どうぞよろしくお願いします!

Karte

Karte(0)

制作協力をしています。

まーぼー

まーぼー(0)

憧れのホチキス!!うひょ!

このページのQRコードです。

拡大