演劇

シベリア少女鉄道 vol.16

残酷な神が支配する

シベリア少女鉄道

精華小劇場(大阪府)

他劇場あり:

2006/07/20 (木) ~ 2006/07/23 (日) 公演終了

上演時間:

慌ただしく窮屈な「世界」。何ひとつ思い通りにならない「世界」。
伝えたかった言葉は溢れているのに、その半分すらも届かない。
「ナゼ キミハ モウ イナイノ・・・?」
振り回されるような日々の中で、不意に立ち止まれたとしても
照れくさくて、意味が無くて、特に何もすることなんてない。
「...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2006/07/20 (木) ~ 2006/07/23 (日)
劇場 精華小劇場
出演 前畑陽平、篠塚茜、藤原幹雄、吉田友則、横溝茂雄、出来恵美、加藤雅人
脚本 土屋亮一
演出 土屋亮一
料金(1枚あたり)
【発売日】
サイト

http://www.siberia.jp/paststage.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 慌ただしく窮屈な「世界」。何ひとつ思い通りにならない「世界」。
伝えたかった言葉は溢れているのに、その半分すらも届かない。
「ナゼ キミハ モウ イナイノ・・・?」
振り回されるような日々の中で、不意に立ち止まれたとしても
照れくさくて、意味が無くて、特に何もすることなんてない。
「ナゼ ボクハ ココニ イルノ・・・?」

今宵、ここではないどこかでまた無邪気な何かが目を覚ます。
素知らぬ顔の指揮者(コンダクター)が、終末への序曲(カウントダウン)のタクトを振るう。
例によって別に同名タイトルの漫画と何か関係があるわけでもない。
読んだことない。偶然偶然。
でも運命は偶然を装って忍び寄る。何が言いたいんだシベリア少女鉄道。


語り継ぐべき意味をまるで持たない舞台が、ここにある。
その他注意事項
スタッフ 作・演出/土屋亮一  舞台監督/谷澤拓巳+至福団  音響/中村嘉宏(atSound)  照明/伊藤孝(ART CORE design)
映像/冨田中理(Selfimage Produkts)   美術/秋山光洋   衣裳/坂倉香子  小道具/畠山直子   大道具/C−COM舞台装置
宣伝美術/チラシックス  制作/保坂綾子・安元千恵  製作/高田雅士  企画/シベリア少女鉄道・吉祥寺シアター

[情報提供] 2007/07/20 10:00 by メルダンゴ

[最終更新] 2007/07/20 16:37 by こりっち管理人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大