演劇

青年団第67回公演

東京ノート

青年団

高知県立美術館(高知県)

他劇場あり:

2012/07/06 (金) ~ 2012/07/07 (土) 公演終了

上演時間:

『東京ノート』あらすじ

ものがたりは、近未来の美術館のロビーを舞台に展開します。
ヨーロッパでは大きな戦争が起こり、そこから避難してきた絵画を前に、日本人の家族や恋人たちが、
両親の世話や相続問題、進路や恋愛などについて、断片的な会話を繰り返します。
戦争という大きな背景を前に、日...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2012/07/06 (金) ~ 2012/07/07 (土)
劇場 高知県立美術館
出演 山内健司、松田弘子、たむらみずほ、小河原康二、秋山建一、小林智、兵藤公美、能島瑞穂、大塚洋、井上三奈子、大竹直、熊谷祐子、山本雅幸、荻野友里、河村竜也、長野海、堀夏子、村田牧子、森内美由紀、小瀧万梨子
脚本 平田オリザ
演出 平田オリザ
料金(1枚あたり) 1,000円 ~ 2,500円
【発売日】
〔前売〕一般 2,000円/学生 1,000円
〔当日〕一般 2,500円/学生 1,500円
*日時指定・全席自由席

http://www.seinendan.org/jpn/info/2012/07/tnotes/kochi/
サイト

http://www.seinendan.org/jpn/info/2012/07/tnotes/ueno/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 『東京ノート』あらすじ

ものがたりは、近未来の美術館のロビーを舞台に展開します。
ヨーロッパでは大きな戦争が起こり、そこから避難してきた絵画を前に、日本人の家族や恋人たちが、
両親の世話や相続問題、進路や恋愛などについて、断片的な会話を繰り返します。
戦争という大きな背景を前に、日々の生活を送る日本人の姿が克明に描写され、その中から現代 社会の様々な問題点と危機があぶり出されます。
その他注意事項
スタッフ 舞台美術:杉山 至 照明:岩城 保 音響設計:緒方晴英 音響操作:泉田雄太 衣裳:有賀千鶴 舞台監督:中西隆雄 宣伝美術:工藤規雄+村上和子 太田裕子 宣伝写真:佐藤孝仁 宣伝美術スタイリスト:山口友里 制作:林有布子 堤 佳奈

[情報提供] 2012/05/26 20:16 by CoRich案内人

[最終更新] 2013/03/05 23:21 by しのぶ

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大