ミュージカル

東宝

黒崎ひびしんホール (福岡県)

他劇場あり:

2012/08/14 (火) ~ 2012/08/14 (火) 公演終了

上演時間:

本作はジェイソン・ロバート・ブラウンのブロードウェイ・デビュー作であり、1995年にオフ・ブロードウェイで幕を開けてから、世界中で約700のプロダクションが上演してきました。決して誰でもが歌えるような曲ではない、手強い曲の集まりにもかかわらず、これだけの公演が行われるということは、この作品の持...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2012/08/14 (火) ~ 2012/08/14 (火)
劇場 黒崎ひびしんホール
出演 浦井健治、昆夏美 、濱田めぐみ、米倉利紀
作曲 前嶋康明
脚本 ジェイソン・ロバート・ブラウン
演出 田尾下哲
料金(1枚あたり)
【発売日】
サイト

http://www.tohostage.com/sfanw/index.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 本作はジェイソン・ロバート・ブラウンのブロードウェイ・デビュー作であり、1995年にオフ・ブロードウェイで幕を開けてから、世界中で約700のプロダクションが上演してきました。決して誰でもが歌えるような曲ではない、手強い曲の集まりにもかかわらず、これだけの公演が行われるということは、この作品の持つ力、魅力、普遍性を如実に物語っているでしょう。
そして驚くべきことに、彼は当時、弱冠25歳で、全16曲からなるミュージカル・レビューと題した作品をまとめ上げたのです。

彼の持ち味である、「一度聴いたら頭から離れない魅力的な音楽」「物語を超えた切実な言葉の力」「これまでのミュージカルとは明らかに違う新鮮な感覚」は、本作でも如何なく発揮されています。
また、1995年初演は、デイジー・プリンス(『オペラ座の怪人』などの演出家ハロルド・プリンスの娘)が演出にあたり、出演者の個性を十分に引き出すことに努めました。
その後、この時の成果もあって、父であるハロルド・プリンスが演出を行った『Parade』は、トニー賞作詞・作曲賞受賞という成功につながっていきます。
彼の中からほとばしり出る音楽の素晴らしさ。本作は、彼の作品の中で最も純粋であり、世界各国の人々の心を魅了し続けています。



その他注意事項
スタッフ 【作詞・作曲】 ------ ジェイソン・ロバート・ブラウン
【演出】 ----------- 田尾下 哲

【訳詞】 ----------- 家田 淳
【音楽監督】 ------- 前嶋康明
【ステージング】 ---- 小野寺修二
【歌唱指導】 ------- 矢部玲司
【美術】 ----------- 伊藤雅子
【照明】 ----------- 成瀬一裕
【音響】 ----------- 山本浩一
【衣裳】 ----------- 屋島裕樹
【ヘアメイク】------- 鎌田直樹
【舞台監督】 ------- 津田光正
【演出助手】 ------- 篠崎勇己
【企画室】 --------- 鈴木隆介
【プロデューサー】 --- 服部優希

【宣伝写真】 ------- 宮坂浩見
【宣伝ヘアメイク】 --- クワハラヒロト
【宣伝協力】 ------- PROPS NOW

[情報提供] 2012/04/09 15:37 by CoRich案内人

[最終更新] 2012/08/04 21:51 by こりっち管理人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大