送別会 公演情報 送別会」の観てきた!クチコミ一覧

満足度の平均 3.7
1-20件 / 29件中
  • 満足度★★★★

    一方しか観られず残念
    冒頭の二人のキャラの濃さで一気に引き付け、以降は彼らに振り回される「ややマトモ」な人々も交えて「あるある!」や「ありそー♪」なネタで逃げ切る感じ?(笑)
    主宰(かつ作・演)が中心人物を演ずるBキャストはまた違った味のようだがコマがないのが残念!

  • 満足度★★★★

    公演感想
    娘がお世話になりました。アンケート送らせていただきます。初日に拝見させていただきました。皆さん緊張の為か、声のトーンが会場の広さと合わなかったように思いましたが、その後修整されたように聞きました。ごく身近な問答を、キャスト、観客と同じ目線の会場作りに関心させられました。「うん、あるある。」と思いながら見ていました。エンディングも「中途半端だ。」と言う方もいらっしゃったかの様に聞いていますが、あれで大変良かったと思います。観客の想像が、出席者0名か1名かと考えられる中、各キャストの性格があのエンディングではっきりと表現できたのではないてしょうか。今後も頑張ってください。

  • お疲れ様でした
    【観てきた!】割引、初めて使わせて頂きましたが、いま凄く辛いです。


    お芝居、私にはよくわかりませんでした。

    いつ面白くなるかな、と思っているうちに終わっていました。

    お話も、よくわかりませんでした。


    本当にごめんなさい。

    千円も値引いて頂いて、申し訳ないです。


    千円分の値打ちのあること一つも書けずにすみません。

  • 満足度★★★★

    観てきた!
    楽しい時間でした。ありがとうございました。

    ネタバレBOX

    360度見られるのは緊張するなぁと思いました。
    ここまでリアルにちかい話しは初めてで面白かったです、刺激にもなりました。それとほんじょうさんかわゆすでした。
  • 満足度★★★★

    初めて劇団を観ました!
    キャラ設定、ストーリー、それぞれの演技、最高でした。
    人と人の繋がりや、その人の個性も観れて、その場の空気がとても良かったと思います。私は現在栄養士の勉強をしており、子供たちに対して食育としての劇をやる機会がよくあるので、参考にもなりました。って・・・これネタバレになってないですよね?大丈夫ですよね?正直、学園祭の様な劇なら観たことがありました。それと比較するのも、失礼ではありますが、やっぱり比べ物にならない劇でした。とても面白かったと思います。股今度は、友達をつれて伺いたいと思います。かような体験?経験?をさせていただき、ありがとうございました。

  • 満足度★★★

    バイトの送別会
    小さい空間だから距離が近いのが楽しかったです。

    ネタバレBOX

    会話のテンポは良くて、すんなり入ってきました。脚本というか全体の話のメリハリみたいなものが、特に中盤あまり感じられませんでした。値段や初めての公演でなら、安いし面白いです。あるあるネタやニヤニヤ目線にはあまり共感できなかったです。それとダブルキャストのことは知っておきたかったです。
    ちなみに自分は犬派です。そしてマルチ商法は怖いと思いました。もう少し話に深みがあればいいのかなぁと思いました。これからも頑張ってください。
  • 満足度★★★★

    リアルに面白い
    バイト先の休憩室での会話劇。いかにもありそうなイジワルな話で、リアルに面白い。ホントはオチも知りたかったけど。

  • 満足度★★★★

    普通っぽい喜劇
    おもしろかったです!
    友人が出演者とゆうことで行ったのですが
    劇を見ていたというよりは、普段通りのような・・・
    そういう普通っぽさがこの劇のよいところだと思います。
    それでいて思わず笑ってしまいましたし。

    これからも頑張ってくださーい(^O^)/

  • 満足度★★★

    観て来た。
    バイトの休憩室でありそうな会話。
    共感できる部分はあったけど、演出の問題か、役者の演技が芝居し過ぎてる感じがしました。
    もっと自然な演技の方が入り込めました。

    ネタバレBOX

    望月さんの女好きキャラはピッタリでした!
  • 満足度★★★★

    至近距離で
    日常を切り取ったような、本当にありそうなお話でした。

    全席が最前列の為、どこに座っていても役者の息遣い・表情・仕草などが細かく伝わります。

    そういったものを感じたい人にお勧めです!!

  • 満足度★★★

    送別会
    バイトあるある、って感じのお話でした。

    ネタバレBOX

    バイト先でこういうやりとりあるよなー、というやりとり、悪口を言い合っている感じのあるあるっぽいやりとりが面白かったです。

    ただ、ギャラリー公演のコミュニケーションにしては少し役者さんの演技が大きかった印象でした。
    それによって、それぞれの関係性がやや過剰にうつってしまい、リアリティが薄れていたような気がします。

    正岡さんのキャラクターが好きでした。










  • 満足度★★

    何の話だったんだろう
    割引を使わせて頂きました。

    観ていて思ったのは、総じて「何がやりたい作品なのか」ということだった。

    バイト先の描写のスケッチ、いわゆる「あるある」をやりたいにしては、会話や仕草・コミュニケーション全般が大雑把に感じられた。ルデコの距離も鑑みると特に。そういう微妙なやりとりでイヤーな雰囲気を感じさせる狙いにも見えないし、それで笑わせる狙いにも見えないし。

    面と向かっているときには調子を合わせているのに陰では悪口を言っている、という展開が何度か見受けられたが、それを使って「二面性」とかを描くわけでもなさそうだし…(それにしては全然痛くない)。

    ネタバレBOX

    かといって、「瓜生が送別会を開催する目的がねずみ講だった」というので予想を裏切るつもりでもなさそうだし…(だとしたら別に驚かない)。

    何を課題に「自らの送別会を企画する奴と、誘われてる奴ら」を設定したのか。熱意の向かう先やモチベーションの出どころが、わからないままだった。

    作者は何を描くのが目的だったのか。
    平田オリザ氏は何をもって「問題はあるが面白い」と言ったのか。

    自分にはそれを見出すことが出来なかった。
  • 満足度★★★★

    あるある演劇
    バイト先のひとコマを切り取った会話劇で、結構おもしろかったです。
    いるいるこういう人、あるあるこういう人間関係。

    囲み舞台とはいえ、ちゃんとしたセットの中でも
    観たかったなぁと言う感じもします。

    旗あげでここまでのクオリティ!次も楽しみです。

    ネタバレBOX

    ただ、主人公の次の仕事の内容が途中で予測できてしまい、
    ラス前の暴露がショッキングじゃなかったです。

    あれがホントなのか噂なのか分からないようにするなら、
    なぜ森サンがあそこまで瓜生をやっちゃうのかの理由が
    説明されてるものだとちょっと弱かったような気がします。
    たかがそんなことでそこまでする?って。

    とはいえ、全体的にはおもしろかったので、次も期待ですな。
  • 満足度★★★★★

    すごく面白かったです!
    まず、役者さんとの距離感や会場の雰囲気がとても温かくて、とてもアットホームな空間で、リラックスして楽しむことが出来ました。

    そして、役者さん達の役作りもとても凄くて、引き込まれてしまいました!

    それから、演出やストーリーもとても良くて、共感するとこや笑いなどが絶えず、あっというまのに終わってしまいました!
    笠島さんの次回作にも期待してます!

    最後に、出演者やたくさんのスタッフ方々、本当にお疲れ様でした!
    皆さんの頑張ってる姿を見て、自分も頑張ろうと感化されました!

    本当に良い舞台でした!
    誘ってくれてありがとうつかさ!

  • 満足度★★★★

    前田さん
    もっと観たい!と思いました。
    料金安かったので嬉しかったけど、とっても面白かったので、もっと金とっていいからもう少し長くやってほしいと思いました(((o(*゚▽゚*)o)))

  • 満足度★★★

    斬新な終わり方


    終わり方、普通なのに斬新な気がしました。

    きっとさよならをする彼が可哀想すぎたからだと思います。

    この空間は、彼の物じゃなくてみんなのもの。

    嫌われものキャラクター達に笑わされつつ、少しセンチメンタルになりました\(^o^)/

  • 満足度★★★★★

    面白かった!
    1000円でどれほどの内容になるのかと思っていたら、観やすくて内容も面白かったです!

    キャラが生き生きとしていたのも魅力的でした。

  • 満足度★★★

    平田オリザは言い得て妙(笑)。
    ≪チームB≫を観劇。アルバイトたちが登場する、職場の生活スケッチふうのドラマ。

    恋人同士や友人同士で観にいったら、帰りに話が盛り上がるのではないか。

    「問題がある・・・。けど、面白い」と、平田オリザ氏が評した戯曲。


    以下、ネタばれ。

    ネタバレBOX



    生活スケッチふうで、楽しめた。特に、私はラストの、軽やかな感じが、とてもいいと思った。


    逆に、最初、山本と瓜生の二人の男が出てきて、約20分近く、二人の会話が続く。

    それが、この芝居の設定やら二人の関係を解説している感もあって、冗長の印象が否めない。



    出演者の中では、「森」を演じた柴田愛奈が、好演していると思った。


  • 満足度★★★

    チームB観ました
    おくればせながら。
    割引しといてもらって、まだ書けてませんでした。ごめんなさい(>_<) ”演劇”として観るならば、星はこの数で。 確かにリアルで、なるほどこういうバックヤードありそうだな、という想像を持たせるためには面白いキャラクターたちでした。 でも、バックヤードだと言うことに気付くまでがちょっと長い。 一場が長い。 バラまいた伏線を全部回収せずに終わってしまったので、終わったあとに若干モヤッと。 ベテラン店員さんのスピードあるキャラクターと、それを支える周りのキャラたちが、とても確立していたのでそこはとても面白かったです。 たぶん、ホンは良いので、別な演出家さんなどで試してみてもいいかもしれません。 あと観て来た割、という斬新で且つ大きな割引に踏み切った制作面をとても評価します。ありがとうございました。

  • 満足度★★★

    事前情報が欲しい
     チラシを持っていなかったので、WEBだけで公演情報を集めたのだが、こりっちの公演情報・公式サイトのいずれにも「Wキャスト」という基本的な情報さえ掲載されておらず、告知が総じて不親切。作品の内容についても情報がほとんど発信されておらず、関係者に知り合いでも居なければ、「観たい!」かどうかを判断する基準となる情報が無い。
     内容的には如何にも実際にありそうな話で、ところどころにクスリと笑えるシーンがあった。ただ、終わり方はどうにもスッキリしなかった。作品の終わりに向けた収束感が欲しかった。

このページのQRコードです。

拡大