演劇制作体 地人会

有楽町朝日ホール(東京都)

2007/08/06 (月) ~ 2007/08/09 (木) 公演終了

上演時間:

1985年にはじめてから23年——語り継ぐ「あの日」の記憶——

—— 1945年 8月6日 広島、そして8月9日 長崎 ——
1985年の初演時は、ちょうど被爆40年にあたる年でした。

6人の女優が、被爆した親子の手記を読む——

この静かな作品は、舞台構成のシンプルさとあい...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2007/08/06 (月) ~ 2007/08/09 (木)
劇場 有楽町朝日ホール
出演
脚本
演出
料金(1枚あたり) 2,500円 ~ 2,500円
【発売日】2007/07/02
2500円(消費税込・全席指定)

終演後のわずかな時間ですが、その日に出演の女優たちと台本構成・演出の木村光一とによるお話の会があります(9日の最終日を除く)。どうぞ終演後お残りください。
サイト

http://www1.biz.biglobe.ne.jp/~CJK/konoko/konoko_fs.htm

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 1985年にはじめてから23年——語り継ぐ「あの日」の記憶——

—— 1945年 8月6日 広島、そして8月9日 長崎 ——
1985年の初演時は、ちょうど被爆40年にあたる年でした。

6人の女優が、被爆した親子の手記を読む——

この静かな作品は、舞台構成のシンプルさとあいまって、
初演当初から大きな反響を呼びました。
現在もなお、聞く人の心を揺さぶり続けています。
地人会では6人の女優とともに、毎年夏になると全国を巡演しています。

広島と長崎への原爆投下という出来事が、
海外では“ヒロシマ・ナガサキ”として平和運動の象徴とされている一方、
国内では逆に、被爆体験は単なる歴史上の一事件であると見なし、
不運な過去の記憶として忘れ去ろうという風潮があります。
しかし、戦争による唯一の被爆体験を持つ私たちが、この記憶を礎(いしずえ)としなければ、
あの出来事に一体何の意味があるでしょうか?

あの出来事の中で浮かび上がってくるのは、被爆者の悲惨だけではありません。
母なるものの情愛の深さ、子供たちの未来と平和への願いと祈り——
「生き抜く強さ」に代えてゆくべき凛とした思い、
そういう気持ちで胸が満たされるのを、きっと感じることでしょう。


地方公演日程

全国 (2007年 6月29日〜8月5日)
http://www1.biz.biglobe.ne.jp/~CJK/lc_105R.htm
その他注意事項
スタッフ

[情報提供] 2007/07/19 02:50 by こりっち管理人

[最終更新] 2007/07/19 02:53 by こりっち管理人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大