Knocturn

シアターGロッソ(東京都)

2012/04/15 (日) ~ 2012/04/22 (日) 公演終了

上演時間:

元治元年京都。
両親を長州藩士に殺された主人公市村鉄之助は敵討の為、新撰組の門を叩く。
決死の思いで入隊への戦いに挑み。土方歳三の小姓として入隊を認められる。
そんなある日、新撰組の敵役である尊王攘夷派の長州藩士・吉田稔麿が京の町々に
放火する騒動を起こす。

その最中に鉄之助は一...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2012/04/15 (日) ~ 2012/04/22 (日)
劇場 シアターGロッソ
出演 聖也、兼崎健太郎、浜尾京介、仲川遥香(AKB48)、ほか
脚本 菅野臣太朗
演出 伊勢直弘(bpm)
料金(1枚あたり) 6,800円 ~ 7,300円
【発売日】
前売:6,800円  当日:7,300円
サイト

http://knocturn.com/peacemaker/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 元治元年京都。
両親を長州藩士に殺された主人公市村鉄之助は敵討の為、新撰組の門を叩く。
決死の思いで入隊への戦いに挑み。土方歳三の小姓として入隊を認められる。
そんなある日、新撰組の敵役である尊王攘夷派の長州藩士・吉田稔麿が京の町々に
放火する騒動を起こす。

その最中に鉄之助は一人の少年と町で出会う。
少年の名は北村鈴。兄を殺した新撰組に復讐するため、鈴は吉田に仕える小姓だった。
そして吉田稔麿によって二人は引き裂かれてしまう。

土方と山南敬助の確執、沖田総司に忍び寄る病魔の影など、それぞれの想いが様々に交錯する。
互いが心の靄を晴らし切れないまま、物語は池田屋事件へと突入する。

出会い、別れ、友情、裏切り、希望、夢。幕末の世を駆け抜けた新撰組の未来は如何に。
その他注意事項
スタッフ 原作:黒乃奈々絵
脚色・演出:伊勢直弘(bpm)
殺陣指導:TeamAZURA
舞台監督:寅川英司 +鴉屋、山下翼
照明:関口裕二(balance,inc.)
音響:ヨシモトシンヤ(come stock)
映像:和井内良典 (PRISM)
キャラクター・V・アドバイザー:馮啓孝
ヘアメイク デザイン:井村祥子(アトリエレオパード)
ウィッグ:アトリエレオパード
衣裳プロデュース:牧野iwao純子(ダダグラム)
音楽:Murakami Hirokazu(M’s galleria)
舞台監督助手:河野千鶴
小道具演出部:十万亜紀子
演出助手:義田麻里栄(Knocturn)

[情報提供] 2012/04/12 05:56 by CoRich案内人

[最終更新] 2012/04/12 05:59 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大