演劇

福岡演劇フェスティバル参加記念

SWAN 上映会 at イムズホール

冨士山アネット

イムズホール(福岡県)

2012/04/16 (月) ~ 2012/04/16 (月) 公演終了

上演時間:

なんで わたしは あそこ に いなくちゃ ならなかったのか


2011年4月[家族の証明∴]at ぽんプラザホールにて初の福岡公演と共に好評を博した 冨士山アネットが、いよいよ2012年6月1日、福岡演劇フェスティバルの最終演目として、 イムズホールにて新作[八]を行います。
[八]...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2012/04/16 (月) ~ 2012/04/16 (月)
劇場 イムズホール
出演 大石丈太郎、石本華江(妄人文明)、大園康司、伊藤麻希、奥山隆(オフィス3〇〇)、玉井勝教、北川結(モモンガ・コンプレックス)、寺杣彩、伊藤南咲、岡本陽介、KEKE(輝く未来)、政岡由衣子、松之木天辺、村本すみれ(MOKK)、長谷川寧
脚本 長谷川寧
演出 長谷川寧
料金(1枚あたり) 0円 ~ 500円
【発売日】2012/04/04
前売当日共/500円
※過去公演ダイジェストDVD付!
サイト

http://fannette.net/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 なんで わたしは あそこ に いなくちゃ ならなかったのか


2011年4月[家族の証明∴]at ぽんプラザホールにて初の福岡公演と共に好評を博した 冨士山アネットが、いよいよ2012年6月1日、福岡演劇フェスティバルの最終演目として、 イムズホールにて新作[八]を行います。
[八]は、リサーチとして、2011年夏に、 クリエイションツアー[◯◯ eight]を東京・京都・福岡と開催。
福岡は北九州/枝光本町商店街アイアンシアターでのレジデンスWSと共に作品づくりの為のWSとショーイングを行ってきました。
[八]は、それらアイデアが本公演の形となって上演されます。

今回はイムズホールでの上演記念という事で、4月16日に、 2010年10月東京/シアタートラムにて上演された[SWAN]を大画面にて上映致します。

これは「白鳥の湖」をモチーフにした作品で、大人数による迫力の群舞や舞台上の本水等、 フルスペックの作品に映画さながらの編集を施し、
映像作品としても楽しめる作品となっております。是非御来場下さい。
その他注意事項 ※冨士山アネット過去作品のダイジェスト DVD がもれなく特典として付きます!
スタッフ 作/演出/振付:長谷川寧
音楽監督:吉田隆弘
音楽:P.チャイコフスキー フジモトヨシタカ(ar)
楽曲参加(演奏):辻凡人(Shleeps/bonobos)
ドラマトゥルク:金田一央紀
衣裳:生田志織
舞台監督:寅川英司+鴉屋 佐藤恵
映像:浦島啓(PUREDUST)
照明:奥田賢太(colore)
音響:佐藤春平
振付助手:金子愛帆 佐伯美波
宣伝衣裳:FUGAHUM
宣伝写真:生井秀樹
宣伝美術:太田創(01Ga graphics)

制作(上映会):中原恵

[情報提供] 2012/04/04 17:55 by yph

[最終更新] 2012/04/05 08:36 by 冨士山家

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー3

中原めぐみ

中原めぐみ(1)

福岡公演、現地制作です。

冨士山家

冨士山家(0)

大画面上映会です。是非!

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大