舞踊・バレエ

マイケル・クラーク・カンパニー 「come, been and gone /カム・ビーン・アンド・ゴーン」

デザイン:Dancers:Oxana Panchenko  Dancers:Benjamin Warbis Photo:Jake Walters

0 お気に入りチラシにする

舞踊・バレエ

高知県立美術館ホール

高知県立美術館(高知県)

2012/05/17 (木) ~ 2012/05/18 (金) 公演終了

上演時間:

‘パンクバレエの騎手’マイケル・クラーク、20年ぶりの来日。

現在イギリスにおいて最も重要な振付家として認められるマイケル・クラークの最新作、「come, been and gone /カム・ビーン・アンド・ゴーン」の上演が、高知県立美術館ホールの単独招聘で実現します。80年代に“パンク...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2012/05/17 (木) ~ 2012/05/18 (金)
劇場 高知県立美術館
出演 ハリー・アレキサンダー、ケイト・コイン、フィオナ・ジョップ、オクサナ・パンチェンコ、ベンジャミン・ワルビス、シモン・ウイリアムス
演出 マイケル・クラーク
振付 マイケル・クラーク
料金(1枚あたり) 5,000円 ~ 5,500円
【発売日】2012/04/09
前売5,000円/当日5,500円(全席指定/399席)
*未就学児の入場はご遠慮願います。 (無料託児サービス有・事前予約制)
サイト

http://www.kochi-bunkazaidan.or.jp/~museum/contents/hall/hall_event/hall_events2012/12MC/hall_event12MC.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 ‘パンクバレエの騎手’マイケル・クラーク、20年ぶりの来日。

現在イギリスにおいて最も重要な振付家として認められるマイケル・クラークの最新作、「come, been and gone /カム・ビーン・アンド・ゴーン」の上演が、高知県立美術館ホールの単独招聘で実現します。80年代に“パンク・バレエ”と称される作品を発表し一世を風靡したクラークの最新作は、デヴィッド・ボウイの音楽を起用し、スタイリッシュで斬新なファッション、ビジュアルアートなどが融合した作品として高い評価を得ました。2009年のエジンバラ(スコットランド)、ベニス(イタリア)、ロンドン(イギリス)などでの公演を経て、20年ぶりの来日を果たします。
その他注意事項 17日終演後アフタートーク予定 ゲスト:乗越たかお(作家・ヤサぐれ舞踊評論家)
スタッフ 照明デザイナー:チャールス・アトラス
衣装:スティービー・スチュワート リチャード・トーリー マイケル・クラーク

[情報提供] 2012/04/03 17:24 by 高知県立美術館

[最終更新] 2012/04/03 19:41 by 高知県立美術館

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大