演劇

映画美学校 第1期アクターズ・コース初等科 修了公演

演劇

映画美学校 第1期アクターズ・コース初等科 修了公演

カガクするココロ

映画美学校

映画美学校1Fアトリエ(東京都)

2012/03/24 (土) ~ 2012/03/25 (日) 公演終了

上演時間:

映画でも演劇の世界でもまずは俳優としての「役割」をきちんと演じないことにはやっていけないと思います。
つまり、演出家や監督が俳優にどんなことを求めているのかをつかむということです。
さらに、俳優はその「役割」の仮面をつけながらも
いや、つけてるからこそ無責任に放出できる野蛮さを
持ち合...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2012/03/24 (土) ~ 2012/03/25 (日)
劇場 映画美学校1Fアトリエ
出演 映画美学校第1期アクターズ・コース初等科
脚本 平田オリザ(青年団主宰)
演出 松井周(サンプル主宰)
料金(1枚あたり) 1,000円 ~ 1,000円
【発売日】
1,000円(1ドリンク付)
http://www.eigabigakkou.com/topics_detail4/id=273
サイト

http://www.bunkatsushin.com/varieties/article.aspx?bc=1&id=1618

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 映画でも演劇の世界でもまずは俳優としての「役割」をきちんと演じないことにはやっていけないと思います。
つまり、演出家や監督が俳優にどんなことを求めているのかをつかむということです。
さらに、俳優はその「役割」の仮面をつけながらも
いや、つけてるからこそ無責任に放出できる野蛮さを
持ち合わせていて欲しいなとも思います。
アクターズ・コース一期生はこの一年間の授業を通して
すでにそのレベルでの演技技術を身につけ始めています。
となると、あとはマラソンのようなものです。
例えば一時間半という上演時間内で
「役割」を演じつつ、自分固有の野蛮さを保つという引き裂かれた状況を走り抜くわけです。
観に来てくれた方に
「あそこに私の知り合いが、というか、私がいる」
と、錯覚してもらえたらこの企画は成功だと思います。

ぜひご覧ください。

松井周(アクターズ・コース講師)



カガクするココロ
ある国立大学の生物学研究所。類人猿を人間にまで進化させる一大プロジェクトの準備が進められている。各分野の研究者、大学院生、学部生たちが、遺伝子工学や分子科学について議論する。同時に、恋愛、求職、自殺未遂といったコミカルな日常も繰り広げられていく。1996年初演。
その他注意事項
スタッフ

[情報提供] 2012/03/18 17:50 by CoRich案内人

[最終更新] 2012/04/15 17:22 by こりっち管理人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大