まつもと市民芸術館

にしすがも創造舎 【閉館】(東京都)

他劇場あり:

2007/10/04 (木) ~ 2007/10/14 (日) 公演終了

上演時間:

「グリム童話集」は、1812年、ドイツにて初版発行。その後版を重ね1857年第7版まで。
日本には1887年(明治20年)から入ってきました。はじめは、子どもの読み物として扱われましたが、口承文芸の奥行きに大人たちも共鳴し、さまざまな研究がなされています。民俗学的、文芸学的、イデオロギー的、...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2007/10/04 (木) ~ 2007/10/14 (日)
劇場 にしすがも創造舎 【閉館】
出演 串田和美、高泉淳子、市川実和子、あさひ7オユキ、稲葉良子、大熊ワタル、関根真理
脚本
演出 串田和美
料金(1枚あたり) 6,000円 ~ 6,500円
【発売日】2007/07/20
【料金予定】
前売:6,000円(学割あり・豊島区民割引あり)
当日:6,500円
サイト

http://www.artone.co.jp/grimm/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 「グリム童話集」は、1812年、ドイツにて初版発行。その後版を重ね1857年第7版まで。
日本には1887年(明治20年)から入ってきました。はじめは、子どもの読み物として扱われましたが、口承文芸の奥行きに大人たちも共鳴し、さまざまな研究がなされています。民俗学的、文芸学的、イデオロギー的、心理学的と。そんな「グリム童話」の魔法昔話、笑話、伝説や聖者伝など200篇からピックアップして物語を紡いでいきます。

主催は、宇野亜喜良の絵本出版や、映画製作、舞台製作にも力を入れている出版社アートンとまつもと市民芸術劇館が共同で手がけます。
公演場所も敢えて自由に空間を活かせる所を選びました。西巣鴨(都営三田線)駅前の廃校となった中学校体育館、校庭からのアプローチ、教室からは懐かしい歌声が聞こえてくるようです‥枠組みを超えた舞台創りは既に始まっています。
その他注意事項
スタッフ 演出:串田和美/美術:宇野亜喜良/音楽:朝比奈尚行/照明:斉藤茂男/音響:市来邦比古/舞台監督:村松明彦/製作:郭充良・蔭山陽太・村松明彦/制作:秋元けい子/主催:アートン・まつもと市民・芸術館

[情報提供] 2007/07/13 04:42 by こりっち管理人

[最終更新] 2010/02/22 14:32 by こりっち管理人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大