ニッポン放送

東京厚生年金会館 大ホール(東京都)

他劇場あり:

2007/04/07 (土) ~ 2007/04/08 (日) 公演終了

上演時間:

---数奇な運命をたどるロックシンガー・ヘドウィグの魂の歌声が響き渡る---
2007年初春、新生「ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ」上演決定!!
新生ヘドウィグを演じるのは、NHK大河ドラマ『新撰組!』で土方歳三役の好演が記憶に新しい、山本耕史。
彼が演じるヘドウィグとは、国境を越...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2007/04/07 (土) ~ 2007/04/08 (日)
劇場 東京厚生年金会館 大ホール
出演 山本耕史、中村中
作曲 スティーヴン・トラスク
脚本 ジョン・キャメロン・ミッチェル
演出 鈴木勝秀
料金(1枚あたり) 6,000円 ~ 7,500円
【発売日】2007/01/28
S席¥7,500 / A席¥6,000(全席指定・税込) 未就学児童入場不可 【お問い合わせ】サンライズプロモーション東京 0570-00-3337
サイト

http://www.hedwig.jp/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 ---数奇な運命をたどるロックシンガー・ヘドウィグの魂の歌声が響き渡る---
2007年初春、新生「ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ」上演決定!!
新生ヘドウィグを演じるのは、NHK大河ドラマ『新撰組!』で土方歳三役の好演が記憶に新しい、山本耕史。
彼が演じるヘドウィグとは、国境を越え、自由を手にする為に受けた性転換手術の失敗で「怒りの1インチ(アングリーインチ)」を残されてしまったしがないロックシンガーである。これまで各国で様々な「ヘドウィグ」が上演されてきたが、今回制作陣が創り上げるのは“みずみずしいヘドウィグ”で、「このへドウィグを演じきれるのは山本耕史しかいない」との熱いオファーを受け出演が決まった。今公演では、一新したキャスト、制作陣にも注目!
その他注意事項 仙台・大阪・名古屋・福岡公演あり
スタッフ 作:ジョン・キャメロン・ミッチェル 作詞・作曲:スティーヴン・トラスク 上演台本・演出:鈴木勝秀 翻訳:北丸雄二 音楽監督:前嶋康明 美術:二村周作 照明:原田保 音響:山本浩一 振付:夏貴陽子 衣裳:三浦将起 ヘアメイク:西岡和彦 演出助手:金子紘子 舞台監督:林和宏 宣伝美術:永瀬祐一 宣伝写真:レスリー・キー 宣伝スタイリスト:北村道子 宣伝ヘア:市川土筆 制作:神戸丈志 プロデューサー:村田篤史 運営協力:サンライズプロモーション東京 制作協力:シーエイティプロデュース 主催・企画・製作:ニッポン放送

[情報提供] 2006/12/10 12:49 by こりっち管理人

[最終更新] 2010/01/06 22:46 by こりっち管理人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

このページのQRコードです。

拡大