演劇

AI・HALL提携公演 非戦を選ぶ演劇人の会 in伊丹 ピースリーディングvol1

~沖縄やんばる・高江の人々が守ろうとするもの~

私の村で戦争が始まる

デザイン:石原燃

0 お気に入りチラシにする

演劇

AI・HALL提携公演 非戦を選ぶ演劇人の会 in伊丹 ピースリーディングvol1

私の村で戦争が始まる

~沖縄やんばる・高江の人々が守ろうとするもの~

非戦を選ぶ演劇人の会

AI・HALL(兵庫県)

2012/05/09 (水) ~ 2012/05/10 (木) 公演終了

上演時間:

 沖縄県、東村高江(ひがしそんたかえ)は、沖縄本島北部の「やんばる」と呼ばれる豊かな森に囲まれた、約160人が住む小さな集落です。
 このやんばる地方には広大な在日アメリカ軍施設「北部訓練場」があり、隣接する高江集落でも昼夜問わず軍用ヘリコプターが上空を飛び交っています。
 1995年、日...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2012/05/09 (水) ~ 2012/05/10 (木)
劇場 AI・HALL
出演 わかぎゑふ、円城寺あや、河東けい、栗塚旭、平岡秀幸、みやなおこ、尾崎麿基、キタモトマサヤ、中川浩三、中道裕子、千田訓子、出口弥生、はしぐちしん、橋本浩明、岡村宏懇、もりのくるみ、大森一広、※今回出演予定だった蟷螂襲さんは、健康上の都合により降板されました。
脚本 清水弥生、瀬戸山美咲
演出 内藤裕敬
料金(1枚あたり) 1,500円 ~
【発売日】2012/04/09
一般1500円、中高生1000円、小学生以下500円
サイト

http://hisen-engeki.com/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明  沖縄県、東村高江(ひがしそんたかえ)は、沖縄本島北部の「やんばる」と呼ばれる豊かな森に囲まれた、約160人が住む小さな集落です。
 このやんばる地方には広大な在日アメリカ軍施設「北部訓練場」があり、隣接する高江集落でも昼夜問わず軍用ヘリコプターが上空を飛び交っています。
 1995年、日米両政府による「SACO合意」に基づいて、米国は北部訓練場の約半分を返還することを約束しました。沖縄の負担は軽減されるはずでした。
 ところがある日、高江集落を囲むように、米軍のヘリパッド(ヘリコプター離着陸帯)を新たに6つ、増設する工事が始められました。北部訓練場一部返還の条件として、返還される部分にあるヘリパッドを高江に移設するということが取り決められたためです。話し合いを求める住民の声を無視して計画は進められていきました。
 2007年の夏、このままでは高江に人が住めなくなる!と考えた高江の住民たちは、工事現場の入り口で、座り込みを始めました。
その他注意事項 ★各回の終演後に、石原岳さんと日替わりゲストの対談を行います。

9日19時 
石原岳さん(高江在住のギタリスト)× 弘川欣絵さん(弁護士)
10日14時 
石原岳さん(高江在住のギタリスト)× 坂手洋二さん(劇作家)
10日19時 
石原岳さん(高江在住のギタリスト)× 宇野田陽子(大阪でひとやすみプロジェクト)

<ゲストプロフィール>

石原岳 いしはら・たけし(ヘリパッドいらない住民の会会員。高江在住のギタリスト。)
71年神戸生まれ。92年沖縄に移住。ギタリスト、コンポーザー。ロック、ブルーズ、パンクやサイケデリック音楽に影響を受けて19才からギターをはじめる。ギター2本の轟音即興ユニット『PIRARUCU』(ピラルク)やさまざまな即興ユニットで、エレキギターとエフェクターを使い演奏。微音から轟音まで、アンビエントからノイズまで。沖縄県内外で活動。07年、演奏活動をしながら「やんばる」とよばれる沖縄県北部亜熱帯森林地帯にある東村高江に移り住む。移住すると同時に国による強引な米軍ヘリパッド建設問題勃発。戦闘機やヘリの騒音、米軍基地があることによって日常的に起こる事件や事故に対して、意識に変化が起こる。北部訓練場過半返還に伴う、沖縄県の基地負担軽減を謳い文句に、ろくに説明もせず、一方的に、高江の小さな集落の周りにヘリの離着陸帯ヘリパッドを6つも新設しようとする国の動きに対して、きちんとした説明を求める座り込み運動をはじめる。

弘川欣絵 ひろかわ・よしえ(弁護士)
2008年弁護士登録(大阪弁護士会)。難民裁判、在日朝鮮人の本名(民族名)損害賠償裁判など外国人事件を多数手がける。現在、4・5釜ヶ崎弾圧事件を担当。この事件は、2007年に釜ヶ崎の多数の労働者の住民票が消除されたため選挙権が行使できなくなった問題について、選挙の当日、投票場の前(小学校の校門前)で投票呼びかけ行為・抗議行為をしていた人達が一斉に逮捕・起訴された事件。現在、控訴中。

坂手洋二 さかて・ようじ(劇作家)
1962年岡山県生まれ。劇団「燐光群」主宰。日本劇作家協会会長。地雷を取り巻く世界状況を描いた「だるまさんがころんだ」(2004)で鶴屋南北戯曲賞、朝日舞台芸術賞を受賞した他、数々の賞を受賞。沖縄問題に関しても「ピカドン・キジムナー」などの「沖縄三部作」や「普天間」など、沖縄の歴史と現在の問題を刻みつけようとする多くの作品を発表し、国内外で高く評価されている。非戦を選ぶ演劇人の会実行委員。

宇野田陽子 うのだ・ようこ(大阪でひとやすみプロジェクト)
鳥取県出身。言語聴覚士。高校でインドネシアに1年間留学。大学在学中は、休学して釜ヶ崎のアルコール依存症リハビリ施設において1年間住み込みで働く。1996年よりノーニュークス・アジアフォーラムの活動に参加、アジアへの原発輸出の問題に関わる。2011年5月に大阪でひとやすみプロジェクトを立ち上げ、東北のご家族の短期保養受け入れ、保養キャンプへの引率、月一回の東北訪問などに取り組む。

※今回出演予定だった蟷螂襲さんは、健康上の都合により降板されることになりました。
 チケットの払い戻しに関してましては、080-5498-5037までお問合せください。

※この公演の収益は「ヘリパッドいらない住民の会」他に寄付されます。
スタッフ ■スタッフ 照明:皿袋誠路((株)PACWest) 音響:三好里美(Studio SHIN) 舞台監督:永易健介 
演出助手:樋口ミユ プロデュース・制作・宣伝美術:石原燃 
提携:AI・HALL 主催:非戦を選ぶ演劇人の会
協力:岩佐好益、大阪女優の会、尾崎商店、クオークの会、劇団大阪、劇団劇作家、劇団太陽族、のこされ島、ヘリパッドいらない住民の会、ライターズカンパニー、リコモーション

■運営委員(五十音順) 相馬杜宇、石原 燃(劇団劇作家)、岩崎正裕(劇団太陽族)、円城寺あや、小原延之、坂手洋二(燐光群)、清水弥生(燐光群)、瀬戸山美咲(ミナモザ)、棚瀬美幸(南船北馬)、はしぐちしん(コンブリ団)、樋口ミユ、堀江ひろゆき(劇団大阪)、みやなおこ、わかぎゑふ(リリパットアーミーⅡ)

[情報提供] 2012/02/29 23:15 by nen

[最終更新] 2012/05/02 12:23 by nen

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー1

nen

nen(0)

脚本

非戦を選ぶ演劇人の会の実行委員です。

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大