舞踊・バレエ

メディアアート月間「デジタル・ショック」クロージングイベント

舞踊・バレエ

メディアアート月間「デジタル・ショック」クロージングイベント

『コインシデンス‐偶然の一致‐』

アンスティチュ・フランセ東京

SuperDeluxe(東京都)

2012/03/07 (水) ~ 2012/03/07 (水) 公演終了

上演時間:

『コインシデンス』は視覚効果、ダンス、ジャグリングが融合したパフォーマンス。抽象的なフォルムと文字が 命を持ち、仮想空間を造り出す。そのミニマリズム的空間の横断を具象化するのがこのパフォーマンスである。ヴァーチャルな世界と生身の身 体の出会い、この作品は現実世界と仮想空間の間にある儚くか細い糸...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2012/03/07 (水) ~ 2012/03/07 (水)
劇場 SuperDeluxe
出演 クレール・バルデンヌ、アドリアン・モンド
演出
振付
料金(1枚あたり) 3,000円 ~ 3,500円
【発売日】
日仏会員・学生・前売り:3000円+1ドリンク
一般:3500円+1ドリンク

チケット取扱い:e+(イープラス)にて販売中。
http://eplus.jp/sys/T1U14P0010163P0108P002070096P0050001P006001P0030001
サイト

http://www.institut.jp/ja/evenements/11485

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 『コインシデンス』は視覚効果、ダンス、ジャグリングが融合したパフォーマンス。抽象的なフォルムと文字が 命を持ち、仮想空間を造り出す。そのミニマリズム的空間の横断を具象化するのがこのパフォーマンスである。ヴァーチャルな世界と生身の身 体の出会い、この作品は現実世界と仮想空間の間にある儚くか細い糸の上に存在している。
その他注意事項 『コインシデンス』は視覚効果、ダンス、ジャグリングが融合したパフォーマンス。抽象的なフォルムと文字が 命を持ち、仮想空間を造り出す。そのミニマリズム的空間の横断を具象化するのがこのパフォーマンスである。ヴァーチャルな世界と生身の身 体の出会い、この作品は現実世界と仮想空間の間にある儚くか細い糸の上に存在している。
スタッフ クレール・バルデンヌ:造形芸術家、グラフィックデザイナー、舞台美術デザイナー。高等グラフィック美術学校およびパリ国立高等装飾学校卒業。彼女の関心領域は記号、空 間、そして虚構と現実を行き来する経路、それらの関係にある。





アドリアン・モンド:マルチアーティスト、情報処理技術者、ジャグラー。身体とジャグリングボールを使用した現実世界、ソフトウェアeMotionにより構築する虚構世界、これら両領域における運動の探求が彼の表現世界である。2004年にカンパニーAdrien Mを設立。





ジム・オルーク:即興ギタリストとして、若くしてデレク・ベイリーのカンパニーに招聘される。その後、数々の実験的な作品を発表する。94年にデイヴィッド・グラブスのエクスペリメンタル・フォーク・ユニット、ガスター・デル・ソルに参加して以降、ポップ/ロック・フィールドにも活動の場を広げてゆく。99年のソロ・アルバム『ユリイカ』は、世界的に高い評価を得た。そして、ソニック・ユース加入&友好的脱退や、ウィルコのプロデュースなど、多岐に渡る活動を展開。現在は日本を拠点に活動している。

[情報提供] 2012/02/29 11:16 by 東京日仏学院

[最終更新] 2012/02/29 12:17 by 東京日仏学院

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大