演劇

劇団銅鑼公演No.41

砂の上の星

劇団銅鑼

SPACE 雑遊(東京都)

2012/03/09 (金) ~ 2012/03/18 (日) 公演終了

上演時間:

戦火の中、たくましく生きている子どもたちの物語。

タリバンに制圧されたアフガニスタン・カブール。女性は仕事を追われ
家の中にいなければならなくなった。女の子は学校にも行けなくなり、
外出には男性同伴で少女は大きなスカーフを、おとなはブルカを
かぶらなければならない。
そんな中、父...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2012/03/09 (金) ~ 2012/03/18 (日)
劇場 SPACE 雑遊
出演 土井真波、中村真由美、佐藤文雄、野内貴之、谷田川さほ、渡部不二実、柴田愛奈、佐藤響子、植木圭、鈴木啓司、長谷川由里、高辻知枝
脚本 いずみ凜
演出 木村早智
料金(1枚あたり) 3,600円 ~ 4,500円
【発売日】
前売 一般:4,500円  学生:3,600円
サイト

http://www.gekidandora.com/titles/sunanouenohosi/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 戦火の中、たくましく生きている子どもたちの物語。

タリバンに制圧されたアフガニスタン・カブール。女性は仕事を追われ
家の中にいなければならなくなった。女の子は学校にも行けなくなり、
外出には男性同伴で少女は大きなスカーフを、おとなはブルカを
かぶらなければならない。
そんな中、父をタリバンに連れ去られた少女パヴァーナは家族の
ために少年として市場に出かける。少女だということを誰にも気づかれ
ないよう、細心の注意払いながら。
やがてパヴァーナが市場で出会ったのは、なんと、かつての同級生
ショーツィアだった。ショーツィアもまた髪を切り、少年として働いて
いたのだ。
父の帰りを信じて待つパヴァーナ。いつかこの国を出てフランスへ
行くことを夢見るショーツィア。ふたりは互いに励ましあって約束する。
二十年後の春分の日、パリのエッフェル塔のてっぺんで会おう、と。
そしてパヴァーナとショーツィアのそれぞれの旅が始まる・・・。
その他注意事項 ■ダブルキャストですので、出演日にご注意ください。
スタッフ cast team A:谷田川さほ・佐藤文雄・渡部不二実・中村真由美・野内貴之・土井真波
cast team B:長谷川由里・植木圭・佐藤響子・鈴木啓司・柴田愛奈・高辻知枝

脚本/いずみ凜
演出/木村早智
原作/デボラ・エリス 
翻訳/もりうちすみこ「生きのびるために」三部作 さ・え・ら書房
美術・衣装/長谷川康子
照明/木藤 歩
音楽/ダニエル・マーカス・クラーク
音響/中嶋直勝
舞台監督/中杉雄一
演出助手/大澤 遊
舞台監督助手/三田直門
宣伝美術/山口拓三(Garowa Graphico)
企画/谷田川さほ
制作/平野真弓
協力/池林房・太田篤哉

[情報提供] 2012/02/23 18:48 by CoRich案内人

[最終更新] 2012/03/17 11:34 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

最新のトラックバック

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大