演劇

まつもと市民芸術館レジデント・カンパニー TCアルプ

レジデント・カンパニー TCアルプ「ネコの星」

まつもと市民芸術館

まつもと市民芸術館 小ホール(長野県)

2012/03/02 (金) ~ 2012/03/04 (日) 公演終了

上演時間:

世界の児童文学が、本から抜け出して舞台でみなさんと出会います。
第2弾は、ドイツの作家ヨルク・リッターの
『星を見つけた三匹の猫』に挑戦!!


 まつもと市民芸術館の人気レパートリーと言えば、『グリム・グリム・グリム』です。おなじみグリム童話から選んださまざまな短編を、組み合わせも...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2012/03/02 (金) ~ 2012/03/04 (日)
劇場 まつもと市民芸術館 小ホール
出演 近藤隼、佐藤卓、内藤栄一、武居学美、細川貴司、佐藤友、丸山港都、下地尚子、高橋英希、直原薫
脚本 串田和美
演出 串田和美
料金(1枚あたり) 1,000円 ~ 2,000円
【発売日】
(全席自由・税込)
一般2,000円、高校生以下1,000円(要学生証提示)
サイト

http://www.mpac.jp/play/2012/03/02/post.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 世界の児童文学が、本から抜け出して舞台でみなさんと出会います。
第2弾は、ドイツの作家ヨルク・リッターの
『星を見つけた三匹の猫』に挑戦!!


 まつもと市民芸術館の人気レパートリーと言えば、『グリム・グリム・グリム』です。おなじみグリム童話から選んださまざまな短編を、組み合わせもいろいろにオムニバスで上演する公演です。昨年度は、まつもと市民芸術館レジデントカンパニーが出張公演などで、幼稚園・保育園を中心に19カ所で披露、3,000人余りに見ていただきました。

 そして、この『グリム・グリム・グリム』とは別に、世界の児童文学発掘プロジェクト第2弾としてドイツの小説家ヨルク・リッターの「星を見つけた三匹の猫」を、『ネコの星』というタイトルで上演します。

 フレデリック、カストロ、そしてリンゴ。3匹のネコを主人公に、二つの冒険を通して、彼らが大切なものを探していく、という物語です。まつもと市民芸術館レジデントカンパニー、そして1月に新たにオーディション・ワークショップで選ばれたカンパニーのメンバーが創り上げる世界は、今回も子供ばかりでなく、大人も一緒に楽しめること受け合いです。
その他注意事項
スタッフ 【脚色・演出】
串田和美
【原作】 ヨルク・リッター ―「星を見つけた三匹の猫」(白水社刊)―
【翻訳】 鍋谷由有子

[情報提供] 2012/02/20 16:10 by CoRich案内人

[最終更新] 2012/02/20 18:01 by こりっち管理人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

このページのQRコードです。

拡大