その他

第9回世界遺産大學 -醍醐寺-

~美の系譜 平安、桃山、現代まで~

仏の美、人の美

0 お気に入りチラシにする

その他

第9回世界遺産大學 -醍醐寺-

仏の美、人の美

~美の系譜 平安、桃山、現代まで~

株式会社SAP

総本山醍醐寺・霊宝館(宝聚院)(京都府)

2012/03/24 (土) ~ 2012/03/24 (土) 公演終了

上演時間:

世界遺産には、それぞれ歴史的・文化的な価値があります。
日本にある世界遺産や世界遺産候補にも、大きな歴史的・文化的価値があり、その多くは、現在も文化的な活動を続ける場となっています。
世界遺産大學は、そうした、世界遺産や世界遺産候補が持つ、それぞれの歴史的・文化的価値をテーマに、時代を超え...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2012/03/24 (土) ~ 2012/03/24 (土)
劇場 総本山醍醐寺・霊宝館(宝聚院)
出演 宮本亜門(演出家)、仲田順和(醍醐寺第百三世座主)、一音寺室内合奏団
脚本
演出
料金(1枚あたり)
【発売日】2012/02/06
入場無料(要予約)
詳しくは、http://www.sap-co.jp/daigakudaigoji/main.html
サイト

http://www.sap-co.jp/daigakudaigoji/main.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 世界遺産には、それぞれ歴史的・文化的な価値があります。
日本にある世界遺産や世界遺産候補にも、大きな歴史的・文化的価値があり、その多くは、現在も文化的な活動を続ける場となっています。
世界遺産大學は、そうした、世界遺産や世界遺産候補が持つ、それぞれの歴史的・文化的価値をテーマに、時代を超えて、現代における各界の第一人者の方々に、議論をしていただくユニークなセミナーです。

第9回となる今回は、曼荼羅などの絵画、空海の書、仏像彫刻、京都最古の建造物・五重塔など、京都の国宝の半分以上の国宝を収蔵している醍醐寺で、日本の美術史の中核を担ってきた仏教の美から現世に生きる我々の美意識が相互に影響を与えあって、どのように日本人の美意識が形成されていったかを探る。醍醐の桜もほころびかける弥生の一日、春風駘蕩の美談義。
今回は特別に、聲明とコンサートもご用意してお待ちしております。

1.総本山醍醐寺聲明
2.一音寺室内合奏団によるコンサート
3.醍醐寺第百三世仲田順和座主と演出家・宮本亜門さんによる講演・対談
その他注意事項
スタッフ

[情報提供] 2012/02/17 13:53 by SAP

[最終更新] 2012/02/17 13:59 by SAP

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大