座・高円寺

座・高円寺1(東京都)

2012/02/16 (木) ~ 2012/02/18 (土) 公演終了

上演時間:

座・高円寺で2年間学んできた、
演技コース、舞台演出コース、劇場環境コースの2期生たちが、
カリキュラム・ディレクターの生田萬、佐藤信とともに、
修了上演に取り組みます。

上演するのは、昨年に引き続きイギリスの劇作家エドワード・ボンドの
「戦争戯曲集・三部作」より『赤と黒と無知』...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2012/02/16 (木) ~ 2012/02/18 (土)
劇場 座・高円寺1
出演 大浦千佳、岸本昌也、木内コギト、實光崇浩、竹田茂生、二宮彩乃、松島輝枝、宮尾昌宏、山﨑理恵子、山田宗一郎、服部容子※
脚本 エドワード・ボンド
演出 生田萬、佐藤信
料金(1枚あたり) 0円 ~ 1,000円
【発売日】
全席自由 
一般 1,000円 
※18歳以下の皆さんは無料です(要予約。座・高円寺チケットボックスまで)
サイト

http://za-koenji.jp/detail/index.php?id=599

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 座・高円寺で2年間学んできた、
演技コース、舞台演出コース、劇場環境コースの2期生たちが、
カリキュラム・ディレクターの生田萬、佐藤信とともに、
修了上演に取り組みます。

上演するのは、昨年に引き続きイギリスの劇作家エドワード・ボンドの
「戦争戯曲集・三部作」より『赤と黒と無知』『缶詰族』。
社会が核の脅威を日常的に意識するようになった80年代初めに書かれた戯曲です。
核戦争を扱う3つの作品で構成され、社会の内部でなにが人間を戦いに向かわせるのか、
戦争を恐れつつ戦争がおこると支持する市民の立場の曖昧さを扱った本作は、
座・高円寺で演劇と社会を学んできたアカデミー生だからこそ、真っ向から取り組める作品です。

今、演劇にできることは何か。

作品を通して、作品創りを通して、演劇の社会に果たす役割を、共に考えるきっかけにできればと願っています。
その他注意事項
スタッフ 作:エドワード・ボンド
翻訳:近藤弘幸
演出:生田 萬(第一部『赤と黒と無知』)
   佐藤 信 (第二部『缶詰族』)

美術:島 次郎
照明:齋藤茂男
音響:島 猛
舞台監督:鈴木章友

演出部:木内コギト、二宮彩乃、樋口ミユ(第二部『缶詰族』コロス演出)/安達修子※
舞台部:山﨑 牧、山﨑理恵子/佐々木琢※
制作部:高地朋奈、鈴木奈緒、矢口友朗、山﨑友貴/砂川史織※

※は、修了1期生です。

[情報提供] 2012/02/13 02:43 by CoRich案内人

[最終更新] 2014/02/25 10:16 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大