演劇

TheatreGroup“OCT/PASS”vol.34(せんだい演劇工房10-BOX 開設10周年記念事業)

方丈の海

デザイン:原画:手代木正太郎  レイアウト:制作室arm

0 お気に入りチラシにする

演劇

TheatreGroup“OCT/PASS”vol.34(せんだい演劇工房10-BOX 開設10周年記念事業)

方丈の海

TheatreGroup“OCT/PASS”

せんだい演劇工房10-BOX(宮城県)

2012/08/30 (木) ~ 2012/09/08 (土) 公演終了

休演日:9/4(火)

上演時間:

東北で芝居を続け、劇作100本目を達成した石川裕人が東日本大震災を黙示録的に描く新作。
2012年3月11日、震災から1年の日、東京六本木ストライプハウス・ギャラリーにおいて千賀ゆう子企画による先行リーディングが行われた。

方丈とは一丈すなわち、約三メートル四方の狭い部屋の意である。
...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2012/08/30 (木) ~ 2012/09/08 (土)
劇場 せんだい演劇工房10-BOX
出演 絵永けい、小川描雀、長谷野勇希、美峰子、、大山健治、荒野紘也、X梨ライヒ、河村邦画、漣なみ、佐々木久美子、、横山真(客演)、高橋彩(公募出演)
脚本 石川裕人
演出 石川裕人
料金(1枚あたり) 1,000円 ~ 4,000円
【発売日】2012/06/03
ご予約(当日精算)
一般2500円
ペア4000円
大学生・専門学校生1500円
高校生以下1000円

当日
一律3000円
*高校生は当日も1000円でお入り頂けます。
サイト

http://www.oct-pass.com

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 東北で芝居を続け、劇作100本目を達成した石川裕人が東日本大震災を黙示録的に描く新作。
2012年3月11日、震災から1年の日、東京六本木ストライプハウス・ギャラリーにおいて千賀ゆう子企画による先行リーディングが行われた。

方丈とは一丈すなわち、約三メートル四方の狭い部屋の意である。
三メートル四方の海なんて、どこにある?
海はだだっ広いから方丈に切り取ってみる。
切り取ったらなにかわかるかもしれない。わからないかもしれない。
海が襲来する風景をわたしたちは既に視てしまった。
その跡には文明の残滓が瓦礫と名を変えて、広大な荒野をつくった。
悲劇はその後にやってきた。
残った人間が悲劇の元になり、悲劇を生きる。
災厄は無情で滑稽な相貌を出現させる。
人間の心の奥深くに眠っていた制度や倫理への乖離が浮上してきた。
更新される震災の記憶。
新しい約束の場所は現実のものとなって立ち現れるのだろうか?

かつて町が在った小さな海辺。
巨大津波がこの町を根こそぎ倒し、町のかけらを海の底へ持って行った。
かろうじて残った建物は何の役にも立たないが、雨風くらいはしのげることが出来るものもあっ
た。
スクリーンのようなものがあるからそこはかつて映画館だったと思われる。
すさまじい音。
超巨大な水の塊が陸地を襲うと黒煙が上がることを初めて知った。それを直に見た人には黒煙
は妖怪変化とも思われただろう。
登場人物たちが方形の枠を持って現れる。みんなが目を剥きその枠の中からあらゆる方向を
覗いている。
その他注意事項
スタッフ 舞台美術:高橋裕介(劇団I.Q150)
照明プラン:荒野紘也
照明オペレーション:西邑太郎
映像:川村智美
音楽: 服部暁典
音響オペレーション:藤田翔(東北大学学友会演劇部)
舞台監督: 大山小川 
演出助手: 漣なみ
特殊衣装:岸浪清史(造形工房プラスアップ)
衣裳: OCT/PASS衣裳部
チラシ原画:手代木正太郎
情宣デザイン:小関歩(制作室arm)
制作協力:柴田環(TIME Create) 
制作:OCT/PASS制作部

[情報提供] 2012/02/13 00:16 by はせの

[最終更新] 2012/09/03 16:33 by ララライヒ

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー11

あやぱん

あやぱん(0)

出演させていただいてます。精一杯がんばります!

たまき@仙台

たまき@仙台(79)

 制作協力として、関わらせて頂いています。

ほーが

ほーが(0)

よろしくお願いします

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大