演劇

仲道郁代×内藤裕敬共同企画

窓の彼方へ

南河内万歳一座

ピッコロシアター (兵庫県)

他劇場あり:

2012/02/18 (土) ~ 2012/02/19 (日) 公演終了

上演時間:

彼女が案内された、そのアパートには、埃をかぶったグランドピアノと、サンドと暮したノアンの窓があった。
彼女がショパンを弾きはじめると・・・
世界的ピアニスト・仲道郁代と、南河内万歳一座・内藤裕敬。この美女と野獣コンビは、クラシックファンのすそ野を広げるために、演劇とコラボレーションしたクラ...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2012/02/18 (土) ~ 2012/02/19 (日)
劇場 ピッコロシアター
出演 重定礼子、坂上洋光、福重友、中津美幸、皆川あゆみ、手嶋綾乃、松浦絵里、藤川央子、藤川央子
脚本 内藤裕敬(南河内万歳一座)
演出 内藤裕敬(南河内万歳一座)
料金(1枚あたり) 3,500円 ~ 5,500円
【発売日】2011/12/18
(全席日時指定)
 一般前売 3500円
 学生・シニア(65歳以上)3000円 
 青春18歳差切符5500円(年齢差18歳以上のペア割引)
 当日券は500円UP
※ 青春18才差切符は、南河内万歳一座のみの取扱い
※学生・シニアは、学生・シニアは南河内万歳一座、ピッコロシアター、ジャパン・アーツぴあコールセンターのみの取り扱い
※ 学生証及び年齢のわかる証明書の提示をお願いすることがあります。
サイト

http://www.banzai1za.jp/mado/top.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 彼女が案内された、そのアパートには、埃をかぶったグランドピアノと、サンドと暮したノアンの窓があった。
彼女がショパンを弾きはじめると・・・
世界的ピアニスト・仲道郁代と、南河内万歳一座・内藤裕敬。この美女と野獣コンビは、クラシックファンのすそ野を広げるために、演劇とコラボレーションしたクラシックビギナー向けのコンサート「仲道郁代の音楽学校」「ゴメン!遊ばせクラシック」(1996~)を発表。その集大成となる本作品。コンサートだけじゃない、お芝居だけじゃない、音楽とコトバが溶け合う魅力の体験。 仲道郁代演奏のショパン楽曲、音楽が語り、せりふが歌うことで生まれるドラマを内藤裕敬が書き下ろし演出。演劇と音楽の 表現芸術の可能性の素晴らしさをご堪能ください。


ある部屋の大きな窓とピアノ。不動産屋に案内された客が、大きなピアノを演奏し始めると、そこは、引っ越ししようとする女の部屋か、大きな窓から見えるお向かいの屋上の洗濯場での風景か、それとも、以前、ここで暮した老人の人生か、ショパンの曲に、いざなわれ、色鮮やかな風景が、繰り出されます。
その他注意事項
スタッフ ○演奏:仲道郁代
○舞台監督:永易健介○美術:柴田隆弘○照明:皿袋誠路
○音響:Alain Nouveau○運搬:堀内運送(株)○チラシイラスト:あおきひろえ
○宣伝美術:一色小輔○制作助手:岡野礼音○制作:奈良歩

[情報提供] 2012/02/09 00:28 by CoRich案内人

[最終更新] 2012/02/09 16:15 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大