歌舞伎・伝統芸能

あうるすぽっと講談ライブ

講談のハナシ

あうるすぽっと

あうるすぽっと(東京都)

他劇場あり:

2012/02/06 (月) ~ 2012/02/06 (月) 公演終了

上演時間:

「講談ってなに?」- そんなあなたも気軽に立ち寄れる無料の講談ライブ!
あまり知られていない伝統話芸「講談」の奥深い世界へご案内します。
興味はあるけど難しそう、いきなり寄席に行くのはちょっと…という方にピッタリの気軽に講談にふれられる貴重な機会です。
まずは講談2席、そして新鋭の二ツ目...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2012/02/06 (月) ~ 2012/02/06 (月)
劇場 あうるすぽっと
出演 一龍齋貞橘、一龍齋貞寿、宝井琴柑
脚本
演出
料金(1枚あたり) 0円 ~ 0円
【発売日】
全席自由(定員301席)
入場無料・予約不要
サイト

http://www.owlspot.jp/performance/120206.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 「講談ってなに?」- そんなあなたも気軽に立ち寄れる無料の講談ライブ!
あまり知られていない伝統話芸「講談」の奥深い世界へご案内します。
興味はあるけど難しそう、いきなり寄席に行くのはちょっと…という方にピッタリの気軽に講談にふれられる貴重な機会です。
まずは講談2席、そして新鋭の二ツ目講談師・一龍齋貞橘が「講談」の楽しみ方ををわかりやすく解説します。


講談とは…
リズミカルな話芸が特徴で「講釈師見てきたような嘘をつき」という言葉ができるくらい、その軽妙・妙味な技でどんなことでも本当のように思わせ、見るもの・聴くものを魅了します。戦国・歴史物や事件を扱ったものが多く、冬は義士、夏は怪談物が多く読まれます。起源は食に困った浪人が、老若男女を集めて「太平記」を面白おかしく読んで聞かせたのが始まりといわれており、江戸では赤松清左衛門翁が浅草見附辺の町辻で太平記を講じたのが始まりです。
その他注意事項
スタッフ (第1回):一龍齋貞橘、一龍齋貞寿
(第2回):一龍齋貞橘、宝井琴柑

[情報提供] 2012/02/09 00:18 by CoRich案内人

[最終更新] 2012/02/09 00:19 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大