その他

〈かたりと 一欅庵公演〉

森鴎外生誕一五〇年 歿後九〇年によせて 

高瀬舟

0 お気に入りチラシにする

その他

〈かたりと 一欅庵公演〉

高瀬舟

森鴎外生誕一五〇年 歿後九〇年によせて 

かたりと

登録有形文化財 一欅庵(いっきょあん)(東京都)

2012/04/14 (土) ~ 2012/04/15 (日) 公演終了

上演時間:

徳川時代、京都の罪人が遠島を申し渡されると、高瀬舟に乗せられて、伏見へ下り、大阪へ回された。
知恩院の桜が入相の鐘に散る春の夕べに、これまで類のない珍しい罪人が高瀬舟に乗せられた。悲惨な境遇のはずが、まるで遊山船にでも乗っているような表情。その額は晴れやかで、目にはかすかな輝きがある。護送...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2012/04/14 (土) ~ 2012/04/15 (日)
劇場 登録有形文化財 一欅庵(いっきょあん)
出演 語り:北原久仁香、津軽三味線:小池純一郎、箏:山田雅生
脚本
演出
料金(1枚あたり) 2,500円 ~ 3,000円
【発売日】
一般2500円(当日3000円)
高校生¥2000(当日2500)、中学生¥1500(当日¥2000) 
サイト

http://katarito.web.fc2.com/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 徳川時代、京都の罪人が遠島を申し渡されると、高瀬舟に乗せられて、伏見へ下り、大阪へ回された。
知恩院の桜が入相の鐘に散る春の夕べに、これまで類のない珍しい罪人が高瀬舟に乗せられた。悲惨な境遇のはずが、まるで遊山船にでも乗っているような表情。その額は晴れやかで、目にはかすかな輝きがある。護送の同心が不審に思い、こらえきれずに問いかけると・・・。

森鴎外が人間の尊厳について問いかけた名作『高瀬舟』を、〈語りと和楽〉でお送りします。

〈プログラム〉 
津軽三味線&箏 ぷち和らいぶ
語りと和楽『高瀬舟』     

〈協 力〉一欅庵、杉並たてもの応援団、他

その他注意事項 要予約・定員30名(椅子席あり)

終演後、ご希望の方に一欅庵をご案内いたします。

建物保護のため、靴下をご着用ください。

【一欅庵 (西荻窪駅から10分)】杉並区松庵2-8-22
土曜・日曜は、中央線快速が西荻窪駅に停車しませんので、
総武線・東西線をご利用下さい
スタッフ

[情報提供] 2012/02/08 23:14 by katarito

[最終更新] 2012/03/09 15:45 by katarito

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大