演劇

イッセー尾形の還暦記念九州ツアー

イッセー尾形のこれからの生活2012 in 鹿児島

森田オフィス/イッセー尾形・ら(株)

かごしま県民交流センター(鹿児島県)

2012/04/08 (日) ~ 2012/04/08 (日) 公演終了

上演時間:

2012年4月8日(日) 14:00開場/15:00開演

 新年を大阪で幕開けして来たイッセーです。大阪ではなんと25 年間、毎年、年に2回は公演を続けていたことに気が付きました。天王寺には通天閣があり、劇場前の公園では青空カラオケにワンカップ片手の老若男女が賑やかに唄う番が廻って来るの...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2012/04/08 (日) ~ 2012/04/08 (日)
劇場 かごしま県民交流センター
出演 イッセー尾形
脚本
演出 森田雄三
料金(1枚あたり) 4,000円 ~ 4,000円
【発売日】2012/02/26
全席指定4,000円(税込)
サイト

http://www.issey-ogata.net/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 2012年4月8日(日) 14:00開場/15:00開演

 新年を大阪で幕開けして来たイッセーです。大阪ではなんと25 年間、毎年、年に2回は公演を続けていたことに気が付きました。天王寺には通天閣があり、劇場前の公園では青空カラオケにワンカップ片手の老若男女が賑やかに唄う番が廻って来るのを待っていたりします。その公園で数人の警官に取り押さえられながらのおっちゃんが、「人間は何のために生きてるんやぁー」と叫んでいました。それを見ながらホテルに帰った数日後に作ったのが「脳コントロール」です。

 「アトムおじさん」は心斎橋パルコの催事場でたった三人の客の前に出て行く寸前にとっさに思いつきました。それはイッセー自身がアトムにそれもヨレヨレのアトムにでもならなければ、とても出てゆけなかったのでしょうね。ひとみちゃんの原形「とんかつ女」は数人の男性の部下に昼ごはんを食べながらゲキを飛ばす女性の後ろ隣の席でイッセーがあまりにもうまい話し振りに聞き惚れたという実体験が元になっています。心斎橋、天王寺と、コテコテの大阪の街がイッセーを生んで育てたその気概が溢れる中で、イッセーは大きく再生されたような印象を持ちました。

 還暦の意味深く、この公演は演じる方も観る方にも、決して忘れることの無い、大切な公演です。

 心から楽しんで頂けること間違いありません。    
その他注意事項
スタッフ

[情報提供] 2012/02/08 21:27 by 雲間犬彦

[最終更新] 2012/04/04 01:22 by 雲間犬彦

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大