演劇

プロデュース企画公演 vol.2

ビリヤードグリーン

劇団TEAM-ODAC

萬劇場(東京都)

2012/03/28 (水) ~ 2012/04/01 (日) 公演終了

上演時間:

復興を目指す戦後日本。
横浜の港には、GHQ(連合国軍最高司令総司令部)が、太平洋戦争の集結に際して
「ポツダム宣言」の執行の為に占領政策を実施していた・・・。
横浜は、まさにその接収のまっただ中。
GHQは大きな金網の柵で仕切っていた昭和20年代。
港近くには、戦争で両親を亡くした...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2012/03/28 (水) ~ 2012/04/01 (日)
劇場 萬劇場
出演 井上周也、村野真菜、梨子
脚本 笠原哲平(劇団TEAM-ODAC)
演出 大村俊輔(劇薬混入団すくらっち)
料金(1枚あたり)
【発売日】2012/02/13
前売り/¥3500−
当日/¥4000−
サイト

http://ameblo.jp/creostyle/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 復興を目指す戦後日本。
横浜の港には、GHQ(連合国軍最高司令総司令部)が、太平洋戦争の集結に際して
「ポツダム宣言」の執行の為に占領政策を実施していた・・・。
横浜は、まさにその接収のまっただ中。
GHQは大きな金網の柵で仕切っていた昭和20年代。
港近くには、戦争で両親を亡くした若者や、行く宛の無くなった者は、ガレキの掃除など安い賃金で働き
身を寄せて生き抜いていた。
そんな中でリーダーの「コー」という青年を中心にガレキで出来た山に住み込む若者達。
働きたくても働き口が無く・・・靴磨きや、盗み。盗みや・・・盗み。たまに靴磨きの日々。
彼らは、いつも夢を描いていた、小さな夢を。
それは、金網で仕切られた柵の向こうに広がる奇麗な「グリーン」の芝生。アメリカ兵達の裕福な世界。
GHQが接収する以前は、その港はコー達が家族を一緒に住んでいた場所。しかし今は・・・
柵の向こうはアメリカ。
帰りたくても帰れない。港は行けない。・・・「我慢」する日々。
ある日、柵の前で奇麗な芝生を見つめるコーに「山の手のお嬢様」が声を掛ける。
「海、好きなんですか?」
「好きも何も・・・あそこは、俺んちだったんだぜ。」
その他注意事項
スタッフ 《スタッフ》
原案/宮原耕   脚本/笠原哲平   演出/大村俊輔
照明/朴秀徳(日高舞台照明)
音響/飯田富夫
舞台監督/今泉馨
チラシデザイン/anaikim
舞台装置/(有)C-COM
小道具/高津装飾小道具、劇団TEAM-ODAC
制作協力/劇団TEAM-ODAC
協力/(株)ホリプロコム
制作/斉藤圭祐(CreoStyle)、笠原哲平
プロデューサー/垣内直企(CreoStyle)
企画・制作/(株)CreoStyle

[情報提供] 2012/01/30 23:30 by アンツ

[最終更新] 2012/03/31 23:45 by アンツ

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー1

アンツ

アンツ(0)

メンバー一丸となって、公演を盛り上げていきたいです! ...

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大