演劇

劇団21世紀FOX 第68回公演 北村想 戯曲傑作作品 上演年間第一弾!

演劇

劇団21世紀FOX 第68回公演 北村想 戯曲傑作作品 上演年間第一弾!

THE DANCE AT DEATH -踊子-

劇団21世紀FOX

SPACE107(東京都)

2012/02/08 (水) ~ 2012/02/12 (日) 公演終了

上演時間:

で、犯人はいるの?いないの??
     アンチ・ミステリ劇、決定版

ミステリの分野には、さまざまなものがございます。いわゆる本格ものといわれる
本格な(どんなんや)もの、刑事コロンボのように、最初から犯人はわかっていて、
それを追い詰めるもの(私はこれ、キライです。けっきょく何で...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2012/02/08 (水) ~ 2012/02/12 (日)
劇場 SPACE107
出演 肝付兼太、荒木純心、宮下タケル、竹田愛里、久保克夫、笹倉宏之、田辺竹彦、植木伴博、山下雷舞、ほか
脚本 北村想
演出 肝付兼太
料金(1枚あたり) 3,000円 ~ 3,500円
【発売日】
・自由席 … 3,200円(前売・当日共に)
・指定席 … 3,500円(前売・当日共に)
・平日マチネ割引 … 自由席 3,000円 / 指定席 3,300円
※自由席の方は、チケットに整理番号を記載
サイト

http://www.space107.jp/information.html#120208

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 で、犯人はいるの?いないの??
     アンチ・ミステリ劇、決定版

ミステリの分野には、さまざまなものがございます。いわゆる本格ものといわれる
本格な(どんなんや)もの、刑事コロンボのように、最初から犯人はわかっていて、
それを追い詰めるもの(私はこれ、キライです。けっきょく何で最初から犯人が
わかっていたのかを都合よく解説していくだけだからです)。現場には出向かないで、
椅子に座ったまま、事件を推理して犯人をあてるもの(『隅の老人』とか
『安吾捕物帳』とかがそうだすな)。
ところで、アンチ・ミステリというのもあるんです。つまり、密室で一人や二人、
ひとが死のう(殺されよう)が、毎日、どれだけのひとが交通事故で死んでいるか。
また災害で、不治の病で、自殺に追いやられて、戦争で、いったい何万、何千の
ひとが死んでいるか。こういうのに比べら、そんなもの取るに足らないというワケで、
アンチ・ミステリはそこから歩を進めます。
『踊子』は而立書房から出版されている最初のカタチから、さまざまに書き足し、
削られ、時代に即して、また登場する役者に合わせて書き改められてきました。
その殆どを21世紀フォックスが上演していますが、この度のものは、
その最終完成稿にあたります。この舞台は、とある女性ミステリ作家も観劇され、
これは小説にすべきだと、驚嘆されたものですが、作者怠慢のためと、出版社不況のため、
実現されておりません。 ま、いずれは小説にするつもり、はあるんですけどね。
ともあれ、何がアンチ・ミステリなのかを堪能して下さい。おことわりしておきますが、
アンチというのはアンフェアなことではござんせん。お間違いなきように。<北村想>
その他注意事項 ※一部Wキャストです。
スタッフ 特別友情出演:声/堀内賢雄((株)ケンユウオフィス)

Guest:世理 / 伊藤健太郎(劇団K-Show) / はやみけい(賢プロダクション)

 

[情報提供] 2012/01/27 16:57 by CoRich案内人

[最終更新] 2012/02/01 15:27 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大