舞踊・バレエ

インドネシア×日本 国際共同制作

ワーク・イン・プログレス(創作過程)発表

舞踊・バレエ

インドネシア×日本 国際共同制作

To Belong

ワーク・イン・プログレス(創作過程)発表

北村明子

森下スタジオ(東京都)

2012/03/15 (木) ~ 2012/03/18 (日) 公演終了

上演時間:

振付家である北村明子が、約3年ぶりの新作「To Belong 」の制作に取り組んでいます。
北村は、コンテンポラリー・ダンスのテクニックや方法論に大きな影響を受けながらも、独自の振付方法論として、西洋的な身体のコミュニケーションに異を唱えるような、ディスコミュニケーションによるコミュニケーシ...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2012/03/15 (木) ~ 2012/03/18 (日)
劇場 森下スタジオ
出演 MartinusMiroto(マルチナス・ミロト)、Rianto(リアント)
演出 北村明子
振付 北村明子
料金(1枚あたり) 2,000円 ~ 2,000円
【発売日】2012/01/28
全席自由 2,000円
サイト

http://www.akikokitamura.com/tobelong/index.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 振付家である北村明子が、約3年ぶりの新作「To Belong 」の制作に取り組んでいます。
北村は、コンテンポラリー・ダンスのテクニックや方法論に大きな影響を受けながらも、独自の振付方法論として、西洋的な身体のコミュニケーションに異を唱えるような、ディスコミュニケーションによるコミュニケーション、接触を徹底的に避ける身体同士のコミュニケーション方法を思考してきました。そして今回、インドネシアの文化との出会いによって、あらたなる境地への旅が始まりました。
シラットというインドネシア武術や、インドネシアの伝統芸能、伝統音楽などを通じてアジアの身体というものへの考察、実験をスタートさせています。

To Belong はインドネシアの音楽家スラマット・グンドノ、舞踊家マルチナス・ミロト、日本からは、映像作家石川慶、音楽家森永泰弘が、北村明子のディレクションのもと集まりました。 人間の身体、精神、科学の法則、神、生と死をテーマに、振付家、音楽家、映像作家たちがそれぞれ育った文化的背景を越えて、思考を交換し創作される領域横断的な舞台作品です。

東京のミックスカルチャーの中で育った北村にとって、伝統に強く結び付きながら、現代の芸術が発展しているインドネシアの文化形態は、近くて遠い存在です。異なるバックグラウンドを持つアーティスト達の対話を通じて、北村明子のダンスをリ・ブート(再起動)させます。
その他注意事項
スタッフ ドラマトゥルク・映像 石川 慶
サウンドディレクション 森永泰弘
音楽提供 Slamet Gundono(スラマット・グンドノ)
照明デザイン・空間演出 関口裕二(balance,inc.-Design)
三東瑠璃
照明技術・テクニカルマネージメント 関口裕二(balance,inc.-Design)
音響技術 森永泰弘
映像技術 石川 慶

[情報提供] 2012/01/27 16:45 by CoRich案内人

[最終更新] 2012/01/27 16:47 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大