歌舞伎・伝統芸能

スパイラル聲明コンサートシリーズ20回記念公演

存亡の秋 (そんぼうのとき)

0 お気に入りチラシにする

歌舞伎・伝統芸能

スパイラル聲明コンサートシリーズ20回記念公演

存亡の秋 (そんぼうのとき)

NPO法人 魁文舎

スパイラルガーデン(東京都)

2012/01/24 (火) ~ 2012/01/25 (水) 公演終了

上演時間:

日本の仏教寺院で僧侶が儀式のときに唱える声楽を「聲明
しょうみょう」といいます。スパイラルの近代的空間の中でおおくりする聲明コンサートシリーズ「千年の聲」は、1998年から始まり今回で20回を迎えます。1200年の伝統を誇り日本の音楽の源流である「聲明」。普段お寺でしか聴くことのできない聲明...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2012/01/24 (火) ~ 2012/01/25 (水)
劇場 スパイラルガーデン
出演 聲明の会・千年の聲、迦陵頻伽聲明研究会(真言宗)、七聲会(天台宗)
脚本 田村博巳、鳥養潮(作曲)
演出 田村博巳
料金(1枚あたり) 4,300円 ~ 4,500円
【発売日】
サイト

http://www.kaibunsha.net/archives/201201shomyo.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 日本の仏教寺院で僧侶が儀式のときに唱える声楽を「聲明
しょうみょう」といいます。スパイラルの近代的空間の中でおおくりする聲明コンサートシリーズ「千年の聲」は、1998年から始まり今回で20回を迎えます。1200年の伝統を誇り日本の音楽の源流である「聲明」。普段お寺でしか聴くことのできない聲明を少しでも多くの皆様にお届けしたいと、宗派を超えて結成された「声明の会・千年の聲」の真言宗・天台宗の僧侶たちとスタッフ一同が、心を込めて古典と新作の聲明を毎年上演してきました。これまでの皆様のご愛好とご支援を心より感謝申し上げます。

20回記念公演は、2002年に千年の聲で委嘱上演しCDリリースもされた、新作聲明の代表曲、ニューヨーク在住の女性作曲家鳥養潮作曲による『存亡の秋』を上演致します。

2001年9.11の同時多発テロを悼み、ニューヨーク在住の作曲家鳥養潮が祈りを込め作曲した聲明曲「存亡の秋」。その10年後今度は大震災によって、私たちは不慮の死に直面しました。けれどまた、誰もが老いとともに最期が訪れる冬の日を迎えます。逃れることのできない死に想いをはせる人生の秋。釈迦は、死をみつめることによって生きることを説きました。

一方、遠い彼の地のアメリカンインディアンは、ささやかな日常の幸福の中で、穏やかに死を向い入れる境地を詩に謳っています。

どのように死を受け入れるか、そして死と隣り合わせの生をどう生きるか?

「存亡の秋」は、その智慧と生の覚醒を唱う生命の讃歌です。

動物も草木も人間も、異なる民族も等しく、限られた時を共に生き、生命を全うする生き物。

願いを込めて生きとし生けるすべてのものに捧げられる、僧侶の祈りの声をお聴きください。
その他注意事項
スタッフ [宣伝美術]井原靖章
[制作]スパイラル/NPO法人魁文舎/聲明の会・千年の聲
[助成]芸術文化振興基金
[主催]聲明の会・千年の聲/株式会社ワコールアートセンター

[情報提供] 2012/01/26 00:25 by 土反

[最終更新] 2012/01/26 00:34 by 土反

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大