オペラ

HIROSHIMA HAPPY NEW EAR OPERA

オペラ「班女」

公益財団法人広島市文化財団 アステールプラザ

JMSアステールプラザ 中ホール(広島県)

2012/01/20 (金) ~ 2012/01/22 (日) 公演終了

休演日:1/21

上演時間:

欧州各地で50回以上上演し、絶賛されてきた細川俊夫の現代オペラ広島初演!
 能「班女」を元に三島由紀夫が描いた交錯した愛の世界を
 日本演劇界を牽引する平田オリザがオペラ初演出

 世阿弥作と考えられている能の原作を三島由紀夫が "能楽の自由な空間と時間の処理や精神的主題を現代に置き換...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2012/01/20 (金) ~ 2012/01/22 (日)
劇場 JMSアステールプラザ 中ホール
出演 半田美和子、藤井美雪、小島克正
作曲 細川俊夫
演出 平田オリザ
料金(1枚あたり) 2,500円 ~ 4,000円
【発売日】
S席4,000円、A席2,500円
全席指定
サイト

http://www.cf.city.hiroshima.jp/naka-cs/opera/music/index.html#hanjo

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 欧州各地で50回以上上演し、絶賛されてきた細川俊夫の現代オペラ広島初演!
 能「班女」を元に三島由紀夫が描いた交錯した愛の世界を
 日本演劇界を牽引する平田オリザがオペラ初演出

 世阿弥作と考えられている能の原作を三島由紀夫が "能楽の自由な空間と時間の処理や精神的主題を現代に置き換え"て二十世紀文学として現代化し、細川俊夫が1幕のオペラとして完成させました。
 2004年にフランスのエクサンプロヴァンス音楽祭で初演され、その後ドイツなど世界6か国で50回以上上演され、絶賛されています。
 日本では2009年にサントリー音楽財団創立40周年記念 サマーフェスティバル2009で初演され、今回は広島初演になります。
 指揮は2006年10月に伝統ある東京国際音楽コンクールの指揮部門で、最高位(第1位なしの第2位)に東京音楽大学在学中の21歳で入賞し、人気テレビドラマ「のだめカンタービレ」の指揮指導を務めるなど若手ホープの川瀬賢太郎氏を迎え、演出はオペラ初演出の平田オリザ氏となります。
 アステールプラザの本格的な能舞台で過去と現代を融合した「班女」をどうぞお楽しみください。


 【あらすじ】
 扇を交換して再会を誓った吉雄を待ち焦がれ、狂女となった花子は、くる日もくる日も扇を手に駅で吉雄を待っている。
 その花子のロマンスが新聞に掲載され、新聞を読んだ実子は、噂を聞きつけて吉雄が現れ、花子を失ってしまうのではないかと恐れる。しばらく世間から花子を隠そうとした実子は、花子を旅行へ誘うが、花子は拒否する。
 新聞を読んだ吉雄が扇を手に実子の家を訪れる。実子は花子に逢わせまいと妨害するが、吉雄は強引に花子との再会を果たす。しかし、花子はその男は吉雄ではない、という。
その他注意事項 ※1幕6場/英語上演/字幕付

1月18日(水)19時から入場無料でプレトーク
会場/アステールプラザ多目的スタジオ
出演者/細川俊夫 (音楽監督)、平田オリザ (演出)、柿木伸之 (司会)
スタッフ 台本・作曲:細川俊夫
三島由紀夫作 近代能楽集「班女」 ドナルド・キーン英語訳による

音楽監督 細川俊夫
指揮 川瀬賢太郎
演奏 広島交響楽団

[情報提供] 2012/01/18 15:28 by CoRich案内人

[最終更新] 2012/01/18 15:58 by こりっち管理人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大