演劇

Χカイレパートリー劇場 第34回 シアターΧ名作劇場

『暮春插話』『ある日の蓮月尼』

シアターX(カイ)

シアターX(カイ)(東京都)

2012/03/13 (火) ~ 2012/03/18 (日) 公演終了

上演時間:

日本近・現代秀作短編劇100本シリーズ
日本近・現代秀作短編劇100本シリーズ
シアターΧ名作劇場は1994年秋から、小山内薫「息子」の上演を皮切りに、日本近・現代秀作短編劇100本の上演を目指すシリーズとしてスタート。一作家一作品(自由劇場以降の作品)を取り上げ、年2回の公演を行っていま...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2012/03/13 (火) ~ 2012/03/18 (日)
劇場 シアターX(カイ)
出演 藤田隆之、奈良井志摩、根岸光太郎、初月佑維、鈴木宏昌、益弘洋祐、小田純也、神由紀子、小島智、鈴木宏昌、初月佑維、山崎哲史、高井康行、宮崎敦吉
脚本
演出 川和孝
料金(1枚あたり) 500円 ~ 1,000円
【発売日】
一般:1,000円
高校生:500円
(全席自由)
サイト

http://www.theaterx.jp/12/120313-120318p.php

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 日本近・現代秀作短編劇100本シリーズ
日本近・現代秀作短編劇100本シリーズ
シアターΧ名作劇場は1994年秋から、小山内薫「息子」の上演を皮切りに、日本近・現代秀作短編劇100本の上演を目指すシリーズとしてスタート。一作家一作品(自由劇場以降の作品)を取り上げ、年2回の公演を行っています。2011年8月までに取り上げた作品は68本を数えます。


『暮春插話』
佐藤春夫(1892年~1964年)1924年作
海岸の有名な避暑地。外交官の青年紳士は妻とともに一流のホテルに滞在している。そこへ、老紳士が現われ若い妻は自分の娘であることを告白し、青年によろしく頼んで去って行く。ロマンチックな香り高い作品で、戯曲というよりむしろ散文詩ともいうべき詩情豊かな作品。佐藤春夫の代表作といえる舞台である。

『ある日の蓮月尼』
岡本かの子(1889年~1939年) 1929年作
蓮月尼の庵。若い盗人が入って来て「他のものには目もくれません。あなたの肉体を盗み取ろうとする盗人です。」と。蓮月は「まあお待ちなさい。次第によっては差上げないものでもありません。が、まだ私には腑に落ちないところがあります。それをもうすこし詳しく話してください。」と、この乱暴な若者に接するのだが…。岡本かの子らしい一幕劇である。
その他注意事項
スタッフ 美術 : 岡田道哉
照明 : 清水義幸
衣裳 : 鳥居照子
音響 : 福西理佳
舞台監督 : 島洋三郎
演出助手 : 佐藤大幸
写真 : 中川忠満

[情報提供] 2012/01/08 18:37 by CoRich案内人

[最終更新] 2012/01/08 18:40 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大