演劇

郵便配達夫の恋

原作:真柴あずき(演劇集団キャラメルボックス)

ニッポン放送

東京グローブ座(東京都)

2007/09/27 (木) ~ 2007/09/30 (日) 公演終了

上演時間:

都心で歌手として活動するあかり(中島知子)はふとしたことをきっかけに、亡き母・波子の故郷に帰る。そして、そこで母の書いた未投函の手紙を発見する。母がまだ若かったころ、都心で働く恋人と遠距離恋愛を、手紙の交換によって続けていた。ところが恋人からの手紙が途絶え、波子は毎日ポストの前で配達される恋人...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2007/09/27 (木) ~ 2007/09/30 (日)
劇場 東京グローブ座
出演 中島知子、西川浩幸、辰巳琢郎
脚本 砂本量
演出 吉川徹
料金(1枚あたり) 3,500円 ~ 6,500円
【発売日】
【ホリプロオンラインチケット先行予約】2007/06/28

S席6,500円
A席3,500円

※未就学児童の入場不可
サイト

http://www.horipro.co.jp/ticket/kouen.cgi?Detail=96

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 都心で歌手として活動するあかり(中島知子)はふとしたことをきっかけに、亡き母・波子の故郷に帰る。そして、そこで母の書いた未投函の手紙を発見する。母がまだ若かったころ、都心で働く恋人と遠距離恋愛を、手紙の交換によって続けていた。ところが恋人からの手紙が途絶え、波子は毎日ポストの前で配達される恋人からの便りを待ち続けていた。配達夫・森尾(辰巳琢郎)はそんな波子のいじらしさに想いを寄せていった。そして森尾が波子にしたこととは・・・
未投函の手紙は母が後年、森尾に宛てた感謝の思いにあふれたものであった。
そんなあかりの里帰りを出迎えてくれた心優しい祖父・浦崎徳蔵と、心配して追ってきたマネージャー上村(西川浩幸)との関わりを通じ、あかりは自分らしい生き方を見つけていく。
その他注意事項
スタッフ 原作:真柴あずき
原案・脚本:砂本量
演出:吉川徹   
音楽:岩代太郎
照明:高見和義
美術:二村周作
音響:堀江潤
舞台監督:藤本ふみえ

[情報提供] 2007/07/10 15:09 by こりっち管理人

[最終更新] 2008/07/24 04:46 by こりっち管理人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大