舞踊・バレエ

シアターΧ舞踏INSTITUT

マクベス断章-遠野で見た夢

シアターX(カイ)

シアターX(カイ)(東京都)

2012/01/24 (火) ~ 2012/01/25 (水) 公演終了

上演時間:

遠野からケルトに向かう。森を主人公としてマクベスを見直す…最後のドンデン返しの「森が攻めてくる」というマクベスの終末を、逆にそこを出発点としてさかさまに見てみました。するとわけのわからない森の魔女たちがけっこうマットウに、人間の野望に鉄槌を下す正義漢のようにも見えてきます。それは人間中心主義そ...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2012/01/24 (火) ~ 2012/01/25 (水)
劇場 シアターX(カイ)
出演 板津未来、稲生田マユリ、古関すま子、ヴィクトル・ニジェリスコイ、上野憲治、宇佐美雅司、奥野博、加治慶三、小林友以、迫村勝、中川敬文、玉照子、澪怜花
演出 古関すま子
振付 古関すま子
料金(1枚あたり) 500円 ~ 1,000円
【発売日】
一般:1,000円
高校生:500円
(全席自由)
サイト

http://www.theaterx.jp/12/120124-120125p.php

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 遠野からケルトに向かう。森を主人公としてマクベスを見直す…最後のドンデン返しの「森が攻めてくる」というマクベスの終末を、逆にそこを出発点としてさかさまに見てみました。するとわけのわからない森の魔女たちがけっこうマットウに、人間の野望に鉄槌を下す正義漢のようにも見えてきます。それは人間中心主義そのものへの警告のようです。
ケルトの魔女たちはキリスト教によって不当に狩られてしまいましたが、わが国でも縄文以来の森を闊歩していた天狗や山ノ神たちがは明治の西欧型合理主義導入のころから消されていきました。

遠野物語には《舞踏》が求める不合理なカオス(暗黒)、遠い古代のシャーマニックな生命力と共通のものがあります。
コトバによるメッセージ芝居はしない。「言葉では言えないことさ」「きれいは汚い、汚いはきれい」というマクベスの魔女のセリフにすでに「舞踏でマクベスを料理する理由あり」…というのがワークショップ出発点でした。
しかし古今東西の演劇人が求め続けた「カラダの無意識からの演劇」は、はるかに遠い道のり。14回の舞踏インスティテュート・ワークショップで到達できるはずはありません。今は遠野的ウタタ寝の間にマクベス的神経症の片鱗が見え隠れするだけの未消化な状態です。
その他注意事項
スタッフ 構成・演出・振付 : 古関すま子
演出助手 : 奥野博

[情報提供] 2012/01/08 17:56 by CoRich案内人

[最終更新] 2012/01/08 17:58 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大