演劇

第79回公演【レパートリー作品】

あるいはボスニア紛争の戦場のような女の性について

演劇

第79回公演【レパートリー作品】

戦場のような女

あるいはボスニア紛争の戦場のような女の性について

東京演劇集団風

レパートリーシアターKAZE(東京都)

2012/01/26 (木) ~ 2012/01/30 (月) 公演終了

上演時間:

アメリカ人のケイトはボスニア紛争の死体置場の発掘に参加、今はドイツのNATO医療センターの精神科医として、敵対する民族間のレイプ被害者ドラの治療を行っている。
女ふたりの全世界に向けられた言葉が、民族紛争、そして戦場と化した人間の根源を浮かび上がらせていく。
作家ヴィスニユック本人から「私...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2012/01/26 (木) ~ 2012/01/30 (月)
劇場 レパートリーシアターKAZE
出演 柴崎美納、工藤順子
脚本 マテイ・ヴィスニユック、訳:川口覚子
演出 江原早哉香
料金(1枚あたり) 3,300円 ~ 4,000円
【発売日】2012/01/04
前売3800円、当日4000円、学生3300円、年間通しチケット(3枚綴り)10,000円
サイト

http://www.kaze-net.org

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 アメリカ人のケイトはボスニア紛争の死体置場の発掘に参加、今はドイツのNATO医療センターの精神科医として、敵対する民族間のレイプ被害者ドラの治療を行っている。
女ふたりの全世界に向けられた言葉が、民族紛争、そして戦場と化した人間の根源を浮かび上がらせていく。
作家ヴィスニユック本人から「私の作品世界をもっともよく反映させてくれた上演」と言われた風のレパートリー。演出は前回、芸術監督浅野佳成と共同演出した江原早哉香が務める。
その他注意事項 後援:在日フランス大使館/在日ルーマニア大使館
スタッフ 芸術監督:浅野佳成
舞台美術:高田一郎 作曲:八幡茂
照明:フランソワ・シャファン
衣裳:ズザンナ・ピョントコフスカ
音響:渡辺雄亮 照明オペレータ:坂野貢也
舞台監督:長谷川敬久
演出協力:佐藤薫 企画制作:佐藤春江
著作権代理:㈱フランス著作権事務所

[情報提供] 2011/12/29 13:11 by なっち

[最終更新] 2012/02/11 23:29 by なっち

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー1

なっち

なっち(0)

役者・俳優 制作

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大