劇団ガバメンツ

浄土宗應典院 本堂(大阪府)

2005/10/20 (木) ~ 2005/10/24 (月) 公演終了

上演時間:

★冒険小説家編
実体験を基に冒険小説を書く!
‥‥‥と言われている、小田倉実。
しかし実際は待ちはずれの定食屋でそれは生まれていた。

読者のために冒険小説家は嘘をついた。
「どうも。インディ先生です。
ちょっと相席していい?」

後輩のために先輩は嘘をついた。
「それは蒸...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2005/10/20 (木) ~ 2005/10/24 (月)
劇場 浄土宗應典院 本堂
出演
脚本 早川康介
演出 早川康介
料金(1枚あたり)
【発売日】
サイト

http://gabaments.hp.infoseek.co.jp/index2.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 ★冒険小説家編
実体験を基に冒険小説を書く!
‥‥‥と言われている、小田倉実。
しかし実際は待ちはずれの定食屋でそれは生まれていた。

読者のために冒険小説家は嘘をついた。
「どうも。インディ先生です。
ちょっと相席していい?」

後輩のために先輩は嘘をついた。
「それは蒸し暑い初夏の雪の降る日の出来事だったんだ!」

後輩は先輩を信じていた。
「変わらないでいることが最大の変化なんですね!
かっこいい先輩!」
街はずれの定食屋で巻き起こる大冒険。
果たして冒険小説家の次回作は完成するのか!?
その冒険談を最後まで聞くことはできるのか!?
そして女主人はランチを作る気はあるのか!?


★恋愛小説家編
自らの恋愛体験談を赤裸々に描く『愛しの坊やたち』
で人気の小説家、喜多川薫子。
小学校編、中学校編と続き、読者は次回作に期待していた。
しかし、彼女は中学以来燃えるような恋から遠ざかっていたのだ。

恋愛小説のように恋に憧れる主婦は宣言した。
「私、離婚する。」
同級生のOLは慌てて主婦の高校時代を語った。
「駐車場でチュウしたじゃない」
聞き耳を立てた小説家は言った。
「どんなチュウ?」
調子に乗った主婦は思わずもらした。
「そして、彼は永遠に目を覚ますことはなかったのです。」
街はずれの定食屋で語られる恋愛談。
果たして恋愛小説家は純愛を描けるのだろうか。
思いがけずあの世にいった彼の運命は!?   
その他注意事項
スタッフ

[情報提供] 2007/07/07 22:35 by 吉  田

[最終更新] 2007/08/26 12:24 by 吉  田

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大