演劇

キバコの会 第三回公演

ギターを待ちながら

キバコの会

赤坂RED/THEATER(東京都)

2012/02/08 (水) ~ 2012/02/19 (日) 公演終了

上演時間:

『キバコの会』とは?
堤幸彦と半海一晃・野添義弘・多田木亮佑による演劇ユニット。
ゲスト出演者と脚本家を迎え、書き下ろし作品を上演するために結成。
そして<キバコ>とは… キ《木》+ハコ《□》=《困》
困っているのか、困らせるのか、はたまた困った人達なのか……


~あらすじ~
...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2012/02/08 (水) ~ 2012/02/19 (日)
劇場 赤坂RED/THEATER
出演 半海一晃、野添義弘、多田木亮佑、真野恵里菜、街田しおん、白石朋也、三浦理恵子、KENCHI(EXILE)
脚本 堤幸彦
演出 佃典彦
料金(1枚あたり) 6,500円 ~ 6,500円
【発売日】2012/01/08
6,500円 (全席指定/前売・当日共/税込)
サイト

http://www.nelke.co.jp/stage/guitar/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 『キバコの会』とは?
堤幸彦と半海一晃・野添義弘・多田木亮佑による演劇ユニット。
ゲスト出演者と脚本家を迎え、書き下ろし作品を上演するために結成。
そして<キバコ>とは… キ《木》+ハコ《□》=《困》
困っているのか、困らせるのか、はたまた困った人達なのか……


~あらすじ~
今から三十五年前、70年代後半に伝説のロックバンドが活動していた…。
その名は「ザ・スカンク・Z・R」・・・ 鈴川
スズキ
、 加藤
カトウ
、 海野田
ンノダ
、 栗沢
クリサワ
の四人編成。
頭文字を集めて「スカンク」。

たった二年半の活動期間だったがその過激なステージと毒舌のマイクパフォーマンスで
知る人ぞ知る人気バンドであった・・・が、メンバー内の意見衝突により解散。
メンバーはそれぞれバラバラに生活をしていた。

月日は流れて2011年夏・・・。
ギターの栗沢ナオキが自殺した。
遺体のポケットには「ザ・スカンク・Z・R」時代のスナップとギターのピック・・・。
メンバーのリーダー的存在だった鈴川は「ベースの加藤」「ドラムの海野田」を誘ってもう一度
バンドをやろうと再結成に向けて動き出す。

『でも、ギターはどうする??』

そのうちの1人がこう言った…。
「俺の知り合いの友人を良く知ってる奴がチェッカーズの武内享と友達の兄弟なんだ。
でさ、今日、ここに武内享に来てもらえることになってるんだ♪」…と。

オジサン3人、バンド再結成に思いを馳せながら語りだす…。
でも、次第にお互いの家族の悩みも出始めて……。

享はまだか?チェッカーズはまだか??ギターはまだか???
しかも武内だと「タ」だ・・・四人揃うと「スカタン」になってしまうがそれでいいのか?

果たして、オジサンバンド再結成は出来るのか????
その他注意事項
スタッフ 音楽・演奏武内 享

[情報提供] 2011/12/06 02:03 by CoRich案内人

[最終更新] 2012/01/24 03:32 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大