演劇

第30回公演 現代演劇レトロスペクティヴ参加公演

さらば箱舟

デザイン:清水俊洋

0 お気に入りチラシにする

演劇

第30回公演 現代演劇レトロスペクティヴ参加公演

さらば箱舟

ニットキャップシアター

AI・HALL(兵庫県)

2012/02/10 (金) ~ 2012/02/12 (日) 公演終了

上演時間:

1967年にコロンビアのノーベル文学賞受賞作家ガブリエル・ガルシア・マルケスが発表した小説『百年の孤独』

…を下敷きにして、
1960年代〜70年代日本の「アングラ」アートシーンを多方面に渡り牽引した寺山修司が'81年に上演した舞台『百年の孤独』

…を下敷きにして、
1982年...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2012/02/10 (金) ~ 2012/02/12 (日)
劇場 AI・HALL
出演 門脇俊輔、高原綾子、澤村喜一郎、市川愛里、織田圭祐、藤田かもめ、ごまのはえ、佐藤健大郎、藤本隆志(てんこもり堂)、池川貴清(悪い芝居)、落合一朗、黒木夏海、佐藤都輝子(劇団とっても便利)、辻智之、中島真央、古屋正子、和田華子(ツバキの華)
脚本 寺山修司
演出 ごまのはえ
料金(1枚あたり) 2,500円 ~ 3,300円
【発売日】2012/12/10
一般前売 3,000円
一般当日 3,300円
学生 2,500円(前売・当日とも)
サイト

http://knitcap.jp

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 1967年にコロンビアのノーベル文学賞受賞作家ガブリエル・ガルシア・マルケスが発表した小説『百年の孤独』

…を下敷きにして、
1960年代〜70年代日本の「アングラ」アートシーンを多方面に渡り牽引した寺山修司が'81年に上演した舞台『百年の孤独』

…を下敷きにして、
1982年にその寺山修司がメガホンをとり、'84年に遺作として公開された映画『さらば箱舟』

…を、
2012年2月にアイホールで、劇団「ニットキャップシアター」がごまのはえの演出で初の「舞台化」に挑む企画。

秋、朽ち果てた団地、村に時計はひとつだけ。月と蛇と郵便と花嫁。死体、死体、したい! ポーッ!!

- - - - - - - - - - - - - - -

寺山修司のたくさんの仕事は、
たくさんの寺山修司その人を思わせて、
本当に寺山修司という人がいたのか、疑わしくなってくる。
行商人が道端に店を広げ、
時期がくれば別の町に去ってゆく。
かつて店を広げた場所には、彼の痕跡はなにもない。
ない、
と言う不在感すら、ない。
そこにあった空気も一緒に連れて行ってしまったからだろうか。
もしかしたら寺山修司を知ってる世代の人たちは、共同して
知らない世代を騙しているのではないか?
「かつて寺山修司という人がいた」
と僕らを騙してるのかもしれない。
そんな幻想のほうが腑に落ちる。

―― ごまのはえ

- - - - - - - - - - - - - - -
その他注意事項 ★2月11日[土] 13:00のステージ終演後、九條今日子さんをお迎えしてシアタートークを開催します。

※受付開始は開演の60分前、開場は開演の30分前。
※日時指定・全席自由。
※未就学児童入場不可。
スタッフ 振付:佐藤健大郎
舞台監督:清水忠文
舞台美術:西田聖
照明:葛西健一(GEKKEN Staffroom)
音響:三橋琢
衣装:市川愛里
小道具:織田圭祐
絵:三上まりの
宣伝美術:清水俊洋
制作:高原綾子、澤村喜一郎、藤田かもめ、小林みほ
プロデューサー:門脇俊輔

[情報提供] 2011/12/01 01:10 by Shun.

[最終更新] 2012/02/18 13:48 by Shun.

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー5

いっちー

いっちー(1)

AI・HALLのみで、たった4ステージしかないこの舞台...

オダ

オダ(0)

GOOD-BYE、『ARK』

タカハラン

タカハラン(0)

役者・俳優 制作

寺山修二 × ごまのはえ。  寺山修二 VS ニット...

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大