演劇

芸創エクスペリメンタルシアター

嘘つきの一日

オリジナルテンポ

大阪市立芸術創造館(大阪府)

2012/01/28 (土) ~ 2012/01/29 (日) 公演終了

上演時間:

オリジナルテンポの演劇学校CAMP!!第2回Performance作品

         「嘘つきの一日」



ウソとホントのすきまに落ちた言葉とダンス


演劇を作るという行為は、
ウソについてどこまでも考える行為に違いないわけです。
演出をしているといつも思うのだ...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2012/01/28 (土) ~ 2012/01/29 (日)
劇場 大阪市立芸術創造館
出演 菊池明子、くにえださわこ、熊倉加代子、五島清富、島林恵子、シンドウミチル、竹村奈津、室田彩乃、山崎洋平、吉田有希、平林之英、兵頭祐香、嘉納みなこ、有北雅彦、若旦那家康
脚本 ウォーリー木下
演出 ウォーリー木下
料金(1枚あたり) 2,000円 ~ 2,500円
【発売日】2011/12/10
前売2000円
当日2500円
サイト

http://www.cursor.jp/camp/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 オリジナルテンポの演劇学校CAMP!!第2回Performance作品

         「嘘つきの一日」



ウソとホントのすきまに落ちた言葉とダンス


演劇を作るという行為は、
ウソについてどこまでも考える行為に違いないわけです。
演出をしているといつも思うのだけど、
役者さんはどうして暑くもないのに「暑いなー」とか、
好きでもないのに「愛してる」とか言えるのだろう。
スポーツやコンサートや美術と演劇が大きく違うのはそこかもしれません。
絶対的に、ここには「ウソ」しかない。
僕らは、ウソが何重にも張り巡らされた金網デスマッチで、
お客さんを楽しませ、笑わせ、感動させなくてはいけない。
まるでプロレスラーのように。
そこには役者の生き様や、興行主の歴史や、演出家の性癖があらわれるもので、
そういうホントのことが実は同じ質量で舞台にはあるんじゃないだろうか。
今回は、どこまでホントでどこまでウソかわからない、
「平凡で日常的なミステリー」です。

                     ウォーリー木下
その他注意事項
スタッフ 舞台監督:武吉浩二
照明:加藤直子
音響:竹下祐貴
製作:オリジナルテンポ

主催:オリジナルテンポ、大阪市
協力:大阪市立芸術創造館、in→dependent theatre

[情報提供] 2011/11/30 00:06 by 武吉浩二

[最終更新] 2012/03/05 11:26 by 武吉浩二

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー1

武吉浩二

武吉浩二(0)

CAMP!!第2回Performance作品 お楽しみに!!

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大