演劇

初春新派公演

東京物語

松竹

三越劇場(東京都)

2012/01/02 (月) ~ 2012/01/24 (火) 公演終了

上演時間:

 静かな感動を呼び、演劇界に新風を吹き込んだ舞台『麥秋』から2年…
“家族”を描き続ける山田洋次が、監督生活50周年を迎える記念作品として
再び小津作品を手掛けます。

昭和28年、夏。
故郷尾道から久しぶりに東京に出てきた老夫婦は、子どもたちの家を訪ねるが、それぞれの生活で精一杯の...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2012/01/02 (月) ~ 2012/01/24 (火)
劇場 三越劇場
出演 水谷八重子、波乃久里子、瀬戸摩純、英太郎、安井昌二
脚本 山田洋次
演出 山田洋次
料金(1枚あたり) 8,500円 ~ 8,500円
【発売日】2011/11/30
全席指定:8,500円
サイト

http://www.shochiku.co.jp/shinpa/pfmc/1201/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明  静かな感動を呼び、演劇界に新風を吹き込んだ舞台『麥秋』から2年…
“家族”を描き続ける山田洋次が、監督生活50周年を迎える記念作品として
再び小津作品を手掛けます。

昭和28年、夏。
故郷尾道から久しぶりに東京に出てきた老夫婦は、子どもたちの家を訪ねるが、それぞれの生活で精一杯のため歓迎されない。そんななか、戦死した息子の未亡人だけが親身になってくれる…

人の温かさ、親子の情愛、そして、失われゆく「日本人のこころ」
…戦後日本の変わリゆく家族の関係を描き出した珠玉の名作、小津安二郎の映画「東京物語」。山田洋次の新たな着想を得て、初春の三越劇場に登場します。

今回の舞台化では、東京を訪ねる老夫婦とみ(映画では東山千栄子)を水谷八重子、その夫の周吉(笠智衆)を安井昌二、次男の未亡人紀子(原節子)を瀬戸摩純、飲み屋の女将加代(櫻むつ子)を英太郎、そして長女志げ(杉村春子)を波乃久里子が演じます。日本人を描いてきた劇団新派が総力を挙げてお贈りする舞台『東京物語』。

平成24年初春、新派にまたひとつ名作が生まれます―
名作の誕生をどうぞお見逃しなく!
その他注意事項
スタッフ

[情報提供] 2011/11/24 15:45 by CoRich案内人

[最終更新] 2011/11/24 15:46 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大