歌舞伎・伝統芸能

THEATRE1010

THEATRE1010(東京都)

2011/12/11 (日) ~ 2011/12/11 (日) 公演終了

上演時間:

神々の国しまねより、石見神楽がやってくる!
 神楽の歴史は古く、日本神話において「天の岩戸隠れ」の段でアメノウズメが神懸かりをして舞ったというのが起源とされる、我が国最古の芸能です。かつては日本全国で盛んに行われていましたが、近年(特に都市部)では見た事がない方も多く、人々から大変遠ざかった...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2011/12/11 (日) ~ 2011/12/11 (日)
劇場 THEATRE1010
出演 西村神楽社中、ほか
脚本
演出
料金(1枚あたり) 4,500円 ~ 4,050円
【発売日】2011/09/25
全席自由 4,500円 THEATRE1010フレンズ会員 4,050円
※3歳未満無料。ただしひざ上でご観覧ください。
※13時より入場整理券配布
※当日5,000円
サイト

http://www.t1010.jp/html/calender/2011/184/184.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 神々の国しまねより、石見神楽がやってくる!
 神楽の歴史は古く、日本神話において「天の岩戸隠れ」の段でアメノウズメが神懸かりをして舞ったというのが起源とされる、我が国最古の芸能です。かつては日本全国で盛んに行われていましたが、近年(特に都市部)では見た事がない方も多く、人々から大変遠ざかった芸能と言えるでしょう。
しかし今回ご紹介する石見神楽は、島根県西部の石見地方で今現在でも大変親しまれており、今回出演の「西村神楽社中」がある浜田市(人口約6万人)では神楽を行う団体が50社中にも上り、街、村の知り合いの誰かは石見神楽の舞子であったりします。
 オールナイトで行われる夜神楽は元より各種の祭事、祝事の中でも盛んに演じられ、例えば西村神楽社中の公演数は年40回にも上ります。正に石見は日本でもまれにみる神楽の盛んなエリアと言えます。また海外公演も多く行われ、つい先日はサウジアラビア公演を終えたばかり、日本文化の交流にも役立っています。
 その内容は、神事的なもの、神懸かりなど呪術的なものに加え、後には古事記・日本書紀を原典とする神話が加わり、演目は大阪万博’70で話題になった「大蛇」を始め30以上、極めて豊富、多彩でスケールも大きくなっています。また、お囃子も、石見人の気質そのままに大変勇壮で活発、観客を神話の世界に誘います。
 私たち石見人は、多かれ少なかれ石見神楽の勇壮な舞や囃子の音を見聞きして育ち、体の奥底には神楽の舞い、調べが息づいています。祭りの季節ともなると、毎週末にはどこかの神社から神楽囃子が流れ、その音に誘われるよう、ある者は郷愁を憶え、ある者は血を踊らせながらお宮に馳せ参じ、朝まで集います。
 昨年、その祭りの雰囲気を東京のみなさんにも是非味わっていただきたいとの思いで企画が立ち上がり、本年で2度目の公演となりました。
 「西村神楽社中」総勢30名による大規模なオリジナル石見神楽公演! そしてゲストとして「福岡ユタカとオタケビ神楽団」も交え新たな試みも御披露いたします。
 忘れ去られた日本の何かをここから見つけていただければ幸いです。
来てみんさいや!  まあ見てみんさい!
その他注意事項
スタッフ ゲスト出演:福岡ユタカとオタケビ神楽団

[情報提供] 2011/11/23 23:46 by CoRich案内人

[最終更新] 2011/11/24 08:13 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大